あのR・ジョンソンも…Dバックス首脳陣来日“本当の狙い”

公開日: 更新日:

 日本進出に出遅れた球団のフロントが、この夏に来日する。

 米メジャーリーグ、アリゾナ・ダイヤモンドバックス(Dバックス)は6日(日本時間7日)、チーム編成のトップであるトニー・ラルーサ氏(前カージナルス監督)、通算303勝をマークしたランディ・ジョンソン球団社長特別補佐らが8月14日から20日までの日程で訪日すると発表した。滞在中はプロ野球公式戦を視察するほか、MLBが主催する東日本大震災の復興イベントに参加し、宮城県石巻市で野球教室などを開き、地域の子供たちと交流を図るという。

 Dバックスフロント陣の来日は、大物OBを世界各国に派遣して野球の普及、振興を目的としたMLB事業も兼ねている。だが、8月の暑いさなかに2人の大物が野球教室の講師を務めるためだけに来日するとは考えにくい。

 Dバックスは以前から日本人選手獲得に積極的だった。ダルビッシュ(レンジャーズ)、田中(ヤンキース)がポスティングにかかった際には入札にも参加したが、条件が及ばず、契約には至らなかった。もともと、ケン・ケンドリック筆頭オーナーを中心とした投資家グループの資金力は豊富だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る