センバツ出場校の糸満 打撃強力でも守備と投手力に不安あり

公開日:  更新日:

 地元では「暑い夏こそ本番」という声が多いのが、糸満(沖縄)だ。

 春のセンバツでは天理(奈良)に初戦負け。その屈辱をバネに、4月の九州大会では大分県大会覇者の鶴崎工を初戦で撃破。2回戦では飯塚(福岡)を破り、準決勝進出。九産大九州(福岡)に3-4で競り負けたものの、ベスト4まで勝ち上がった。持ち味は土壇場での粘り強さと3試合で21点という打撃だ。

 九州地区担当スカウトが言う。

「今秋のドラフト候補にも名前が挙がっている遊撃の池間、エースの金城、捕手の比嘉、中堅の大城は同じ豊見城ボーイズの出身。ボーイズではそれと知られた選手で、県外の強豪校に勧誘されたこともあった。この4人が糸満に進学を決めた時から、地元では『数年後は糸満の天下だ』といわれていましたからね。ただ、打力はある一方、守備と投手力に不安があり、九州大会では3試合で20失点。ザルで水をすくうことにならなければいいんですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る