日大三はケーキ反省会…甲子園の名将悩ます今どき若者気質

公開日: 更新日:

 青年とも呼べる年齢に中学生の指導経験。これなら昨今の若い部員とのギャップも少ないだろう。

 センバツを制した敦賀気比(福井)。チームを率いるのが、34歳の東哲平監督だ。98年には敦賀気比の4番打者としてセンバツに出場。2011年から母校で指揮を執っている。

 この東監督のモットーは「打てないなら打てるまで、捕れないなら捕れるまでやれ」。一見、スパルタ教育のようだが、巧みに部員同士の競争意識をあおり、元中日のトレーニングコーチが経営するスポーツジムに選手を通わせるなどしている。

 かつて中学硬式野球チームの監督を務めていた経験も一役買っているのだろう。

 しかし、「いまどきの若者」の指導は、多くの監督にとって悩みのタネだ。根性論、精神論が幅を利かせた昔ならいざ知らず、今はそのやり方では誰もついてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る