日大三はケーキ反省会…甲子園の名将悩ます今どき若者気質

公開日:  更新日:

 青年とも呼べる年齢に中学生の指導経験。これなら昨今の若い部員とのギャップも少ないだろう。

 センバツを制した敦賀気比(福井)。チームを率いるのが、34歳の東哲平監督だ。98年には敦賀気比の4番打者としてセンバツに出場。2011年から母校で指揮を執っている。

 この東監督のモットーは「打てないなら打てるまで、捕れないなら捕れるまでやれ」。一見、スパルタ教育のようだが、巧みに部員同士の競争意識をあおり、元中日のトレーニングコーチが経営するスポーツジムに選手を通わせるなどしている。

 かつて中学硬式野球チームの監督を務めていた経験も一役買っているのだろう。

 しかし、「いまどきの若者」の指導は、多くの監督にとって悩みのタネだ。根性論、精神論が幅を利かせた昔ならいざ知らず、今はそのやり方では誰もついてこない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る