日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・呉昇桓の「来季メジャー」に米スカウト疑心暗鬼の理由

 30日に神宮で行われたヤクルト―阪神戦。スタンドには、レッドソックスなど5球団以上のメジャースカウトが陣取っていた。ア・リーグのあるスカウトはこう言った。

「阪神の呉昇桓を見に来た。千葉のロッテ戦に先発した楽天の則本と迷ったが、呉は今年で阪神との契約が切れるし、本人もメジャー志向があると聞いている。150キロを超えるストレートに加え、カットボールの切れもいい。フォークを今季から使い始めて幅が広がった。まずはリリーバーからのスタートになるだろうが、メジャーでも通用する力は持っている」

 今季、リーグトップの21セーブをマークする呉は、昨年に続いて最優秀救援投手のタイトル獲得を視野に入れている。しかも、呉は今季限りで阪神との2年契約が満了。日本球界でトップクラスのリリーバーだけに、メジャーが強い関心を示すのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事