熱投報われない広島マエケン “QS率100%”をメジャー高評価

公開日: 更新日:

 終わってみれば、いつもの広島だった。

 2日の日本ハム戦に先発した前田健太(27)は八回まで6安打2失点、10奪三振。しかし、この回で122球となり、やむなく交代となった。

 この時点で嫌な予感がしたファンも多かったはず。案の定、守護神の中崎と戸田が合わせて3安打4四球と乱れに乱れ、一挙5失点。試合に負け、5勝目をパーにされた前田もベンチでボー然としていた。

 前田は防御率1.76ながら、4勝4敗。打線の援護に恵まれない、降板後に中継ぎに試合をぶち壊されるなど、なかなか勝ち星を伸ばせない。今季は成績とチームの順位次第ではポスティングを行使してのメジャー挑戦が認められているといわれているが、これではいつまで経っても夢はかなわないのではないか。

 しかし、あるメジャースカウトは「我々はいつだってウエルカムだ」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  9. 9

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  10. 10

    ワイドショーのラグビーW杯解説 秀逸なのはテレ朝の玉川徹

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る