日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実の怪物1年生・清宮に「負けたら即コンバート」構想

 背番号「3」の夏が東京で一番遅く幕を開けた。

 早実(西東京)の怪物1年生・清宮幸太郎の夏デビュー戦。高校野球西東京大会3回戦は早実が東大和南に8-4で勝利。本塁打は出なかったが3打数1安打1打点2四球で勝利に貢献した。

 入学後3カ月ですでに13本塁打を放つスラッガーを目当てに、八王子市民球場には大勢の報道陣が集まった。

 16日の中止後、和泉実監督(53)は「天気はどうにもならない。これだけ長く延ばされるのはボク自身(経験が)ないが、ずっと待った中でやるより、仕切り直してやる方が切り替えられる」と話していたが、報道陣はヒートアップしたままで、中止となった16日も押し寄せた報道陣は、民放全局のテレビクルーを含む80人。スポーツ紙は複数態勢で巨人OBで評論家の篠塚氏も訪れる熱の入れようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事