早実の怪物1年生・清宮に「負けたら即コンバート」構想

公開日: 更新日:

 背番号「3」の夏が東京で一番遅く幕を開けた。

 早実(西東京)の怪物1年生・清宮幸太郎の夏デビュー戦。高校野球西東京大会3回戦は早実が東大和南に8-4で勝利。本塁打は出なかったが3打数1安打1打点2四球で勝利に貢献した。

 入学後3カ月ですでに13本塁打を放つスラッガーを目当てに、八王子市民球場には大勢の報道陣が集まった。

 16日の中止後、和泉実監督(53)は「天気はどうにもならない。これだけ長く延ばされるのはボク自身(経験が)ないが、ずっと待った中でやるより、仕切り直してやる方が切り替えられる」と話していたが、報道陣はヒートアップしたままで、中止となった16日も押し寄せた報道陣は、民放全局のテレビクルーを含む80人。スポーツ紙は複数態勢で巨人OBで評論家の篠塚氏も訪れる熱の入れようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  10. 9

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る