清宮Jr.鮮烈デビュー 早実が描く「2年後全国制覇」の“青写真”

公開日: 更新日:

 早稲田実の超注目ルーキーが上々のデビューを飾った。ラグビーのヤマハ発動機・清宮克幸監督の長男・清宮幸太郎(1年)である。

 6日に入学式を終えたばかりの15歳が昨9日、春季東京大会の駒大高戦でいきなりベンチ入り。「3番・一塁」でスタメン出場し、六回の第4打席で大器の片鱗を見せた。

 5-5の同点に追いつき、なおも1死満塁のチャンスで初球をフルスイング。打球は地を這うゴロで三遊間を抜く左前適時打となった。高校初安打が勝ち越し打。4打数1安打1打点で、16強入りに貢献した。

 12年に東京北砂リトルの「3番・投手」として世界制覇。一躍、その名をとどろかせた。15歳にして184センチ、97キロ。入学前からプロがマークする逸材なのだ。

 プロ顔負けなのは体格だけではない。「打席では緊張した」と苦笑いしたものの、「高校野球はこんな雰囲気なんだとつかめた」と言うと、「(勝ち越し打は)それまで変化球で打ち取られていたので変化球を狙っていた。打ったのはスライダー? うーん、曲がるやつです」と報道陣を笑わせながら、相手の決め球を狙い打ったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る