清宮Jr.鮮烈デビュー 早実が描く「2年後全国制覇」の“青写真”

公開日:  更新日:

 早稲田実の超注目ルーキーが上々のデビューを飾った。ラグビーのヤマハ発動機・清宮克幸監督の長男・清宮幸太郎(1年)である。

 6日に入学式を終えたばかりの15歳が昨9日、春季東京大会の駒大高戦でいきなりベンチ入り。「3番・一塁」でスタメン出場し、六回の第4打席で大器の片鱗を見せた。

 5-5の同点に追いつき、なおも1死満塁のチャンスで初球をフルスイング。打球は地を這うゴロで三遊間を抜く左前適時打となった。高校初安打が勝ち越し打。4打数1安打1打点で、16強入りに貢献した。

 12年に東京北砂リトルの「3番・投手」として世界制覇。一躍、その名をとどろかせた。15歳にして184センチ、97キロ。入学前からプロがマークする逸材なのだ。

 プロ顔負けなのは体格だけではない。「打席では緊張した」と苦笑いしたものの、「高校野球はこんな雰囲気なんだとつかめた」と言うと、「(勝ち越し打は)それまで変化球で打ち取られていたので変化球を狙っていた。打ったのはスライダー? うーん、曲がるやつです」と報道陣を笑わせながら、相手の決め球を狙い打ったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る