長男は早実の“怪物1年” 清宮克幸氏が語る「才能の伸ばし方」

公開日: 更新日:

 ヤマハ発動機ジュビロをラグビー日本一に導いた清宮監督(47)は組織の人材育成について、「言葉が大事」と語った。今春、早稲田実に入学した長男・幸太郎(1年)が春季東京都大会準々決勝でいきなり130メートル弾。清宮監督は「怪物打者」と注目される我が子の育て方も「同じ」と言う。「清宮流」才能の伸ばし方に迫る。

■水泳コーチに「プロ失格!」と直談判

 清宮監督は幸太郎が4歳になった頃からさまざまなことを経験させた。水泳、陸上、テニス、ピアノ、そしてラグビー。幼稚園の頃にはこんなことがあった。スイミングスクールに通う幸太郎が2カ月に1度の昇級テストになかなか受からず、1年半も同じクラスにいた。

「それが、どうにも我慢ならないから(代表と)話がしたいと。『あなたたちは指導のプロですよね? 息子がなぜ1年半も同じクラスなのか把握してますか?』と言ったんです。試験に落ちる原因はターンだったかな。いつもその項目で試験に落ちる。にもかかわらず、次の2カ月も同じステップ。息子が受からないのはいつも『8(段階)』のところだったけど、毎回『1(段階)』からやり直し。それを16カ月連続でやったんです。『それじゃ話にならない。プロ失格!』と言いました。料金が発生しているわけだから、その対価に指導力で応えて欲しい。ボクは(ラグビーの)監督と親、同じ目線でやっていますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る