小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

話題の怪物1年生早実清宮君と横浜高の教え子DeNA筒香を比べてみた

公開日: 更新日:

 高校野球界に楽しみな1年生が出現した。清宮ジュニアこと、早稲田実の清宮幸太郎君(16)だ。ラグビー・ヤマハ発動機の清宮克幸監督の長男で12年にリトルリーグで世界一。名門・早実ということもあり、騒がれる要素が満載である。

 4月の春季東京大会ではデビュー戦からテレビやスポーツ紙などに大々的に取り上げられる中、準々決勝の関東一戦で推定130メートル弾を放った。

 身長184センチ、体重97キロの堂々たる体格。映像を見た印象は、横浜高校OBの筒香嘉智に似ているということ。好調DeNAの4番として三冠王を目指す筒香は、プロ6年目で185センチ、97キロ。今の清宮君とほぼ同サイズだ。同じ右投げ左打ちということもあり、重なって見えた。清宮君の長所は恵まれた体格を生かしたパワー。飛ばす力はありそうだ。

 まだ数試合で語るのは早計かもしれないが、いい素材だからあえて言うと、打撃で気になる点が見つかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  5. 5

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  6. 6

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  7. 7

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

  8. 8

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  9. 9

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る