日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8強早実の足引っ張る投手力不足…清宮「打率7割」でも不安

 早実(西東京)が怪物1年生・清宮幸太郎の大活躍でヒヤヒヤ8強を決めた。

 20日の5回戦、都日野戦に「3番・一塁」でスタメン出場。5―1の八回に5失点で逆転されたが、その裏に同点に追いつき、なおも1死一、二塁。この好機で清宮が中越え勝ち越し二塁打を放った。4打数4安打3打点。9-8のサヨナラ勝ちに大きく貢献した。

 初戦の3回戦は3打数1安打1打点。4回戦は3打数2安打3打点。今夏は3試合で10打数7安打7打点。打率は何と打率7割である。まるで人気野球漫画「ドカベン」の山田太郎のように打ちまくり、名門校を引っ張っている。

 雨で2試合連続順延となった影響で、初戦の3回戦から5日間で4試合のハードな日程。辛くもベスト8入りは決めたものの、ここまでの3試合全て都立勢との対戦。にもかかわらず、3年生エースの松本はすでにアップアップ。3試合で4、5、8失点。早い段階の都立校相手に早実投手陣は1試合平均5.67点も取られているのだ。今春に和泉監督は「うちは投手がいないから」と嘆いていた課題はそのまま。ある早実OBはこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事