8強早実の足引っ張る投手力不足…清宮「打率7割」でも不安

公開日: 更新日:

 早実(西東京)が怪物1年生・清宮幸太郎の大活躍でヒヤヒヤ8強を決めた。

 20日の5回戦、都日野戦に「3番・一塁」でスタメン出場。5―1の八回に5失点で逆転されたが、その裏に同点に追いつき、なおも1死一、二塁。この好機で清宮が中越え勝ち越し二塁打を放った。4打数4安打3打点。9-8のサヨナラ勝ちに大きく貢献した。

 初戦の3回戦は3打数1安打1打点。4回戦は3打数2安打3打点。今夏は3試合で10打数7安打7打点。打率は何と打率7割である。まるで人気野球漫画「ドカベン」の山田太郎のように打ちまくり、名門校を引っ張っている。

 雨で2試合連続順延となった影響で、初戦の3回戦から5日間で4試合のハードな日程。辛くもベスト8入りは決めたものの、ここまでの3試合全て都立勢との対戦。にもかかわらず、3年生エースの松本はすでにアップアップ。3試合で4、5、8失点。早い段階の都立校相手に早実投手陣は1試合平均5.67点も取られているのだ。今春に和泉監督は「うちは投手がいないから」と嘆いていた課題はそのまま。ある早実OBはこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る