8強早実の足引っ張る投手力不足…清宮「打率7割」でも不安

公開日:  更新日:

 早実(西東京)が怪物1年生・清宮幸太郎の大活躍でヒヤヒヤ8強を決めた。

 20日の5回戦、都日野戦に「3番・一塁」でスタメン出場。5―1の八回に5失点で逆転されたが、その裏に同点に追いつき、なおも1死一、二塁。この好機で清宮が中越え勝ち越し二塁打を放った。4打数4安打3打点。9-8のサヨナラ勝ちに大きく貢献した。

 初戦の3回戦は3打数1安打1打点。4回戦は3打数2安打3打点。今夏は3試合で10打数7安打7打点。打率は何と打率7割である。まるで人気野球漫画「ドカベン」の山田太郎のように打ちまくり、名門校を引っ張っている。

 雨で2試合連続順延となった影響で、初戦の3回戦から5日間で4試合のハードな日程。辛くもベスト8入りは決めたものの、ここまでの3試合全て都立勢との対戦。にもかかわらず、3年生エースの松本はすでにアップアップ。3試合で4、5、8失点。早い段階の都立校相手に早実投手陣は1試合平均5.67点も取られているのだ。今春に和泉監督は「うちは投手がいないから」と嘆いていた課題はそのまま。ある早実OBはこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る