マイコとポレダで6勝 巨人の“虎キラー”はウハウハ昇給確実

公開日: 更新日:

 巨人はマイルズ・マイコラス(26)の好投で連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。

 20日の阪神戦で7回5安打5奪三振の力投。6勝目(3敗)を挙げた。「マークされた中であれだけの投球ができる。順応してコンディションもいい状態でマウンドに上がっている」と目を細めた原監督に、虎キラーぶりを買われ、後半戦開幕投手に指名された。阪神戦は今季3試合に登板して2勝、防御率1.35。ある球界関係者がこう言った。

「マイコラスとポレダは巨人と1年契約だから、他球団から当然狙われています。特にやられ続けている阪神は、早くも調査をしている。毎度毎度抑えられている敵の助っ人を獲得できれば、戦力になるし、天敵も消えて一石二鳥という考え。阪神の助っ人などの補強は節操がないですからね」

 外国人枠の関係で春先は二軍暮らしが続いたマイコラスは、6月に2完封を含むリーグ最多タイの3勝。月間MVPを受賞するなど、今や先発の柱といっていい活躍を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  2. 2

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  3. 3

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  4. 4

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  5. 5

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  8. 8

    国民民主は分裂…玉木氏と行動を共にする衆院議員は3人?

  9. 9

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  10. 10

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

もっと見る