センバツ屈指の声 県岐阜商・高橋純平投手「驚異の制球力」

公開日: 更新日:

「ワクワクした。投げやすくて、いいマウンド」

 16日にセンバツの甲子園練習がスタート。「大会ナンバーワン投手」との呼び声が高い高橋純平(県岐阜商)が聖地で笑顔を浮かべた。

 24日の松商学園(長野)との初戦に向け、「一球一球を大事に楽しみながら投げたい」と意気込んだ右腕は、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。なかでも巨人は、「去年のドラフトに入れても1位。安楽(現楽天)よりも上」と藤本スカウトが絶賛している。スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。

「最速152キロの数字が目立っているが、彼の武器は制球力。ストレート、カーブ、スライダー、スプリットを低めに集められる技術がある。昨秋のある試合では、捕手が構えたところに約75%ほど投げ込んでいた。高校2年でここまで制球が安定している投手はめったにいない。安楽は2年時のセンバツで772球を投げて肘を壊したが、高橋は極端に球数が多くなるタイプではないと思います」

 高橋は「三振より球数を少なく、できれば100球ぐらいで勝ちたい」と言っている。県岐阜商が勝ち上がっていっても、安楽の二の舞いにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る