センバツ屈指の声 県岐阜商・高橋純平投手「驚異の制球力」

公開日:  更新日:

「ワクワクした。投げやすくて、いいマウンド」

 16日にセンバツの甲子園練習がスタート。「大会ナンバーワン投手」との呼び声が高い高橋純平(県岐阜商)が聖地で笑顔を浮かべた。

 24日の松商学園(長野)との初戦に向け、「一球一球を大事に楽しみながら投げたい」と意気込んだ右腕は、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。なかでも巨人は、「去年のドラフトに入れても1位。安楽(現楽天)よりも上」と藤本スカウトが絶賛している。スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。

「最速152キロの数字が目立っているが、彼の武器は制球力。ストレート、カーブ、スライダー、スプリットを低めに集められる技術がある。昨秋のある試合では、捕手が構えたところに約75%ほど投げ込んでいた。高校2年でここまで制球が安定している投手はめったにいない。安楽は2年時のセンバツで772球を投げて肘を壊したが、高橋は極端に球数が多くなるタイプではないと思います」

 高橋は「三振より球数を少なく、できれば100球ぐらいで勝ちたい」と言っている。県岐阜商が勝ち上がっていっても、安楽の二の舞いにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る