センバツ屈指の声 県岐阜商・高橋純平投手「驚異の制球力」

公開日: 更新日:

「ワクワクした。投げやすくて、いいマウンド」

 16日にセンバツの甲子園練習がスタート。「大会ナンバーワン投手」との呼び声が高い高橋純平(県岐阜商)が聖地で笑顔を浮かべた。

 24日の松商学園(長野)との初戦に向け、「一球一球を大事に楽しみながら投げたい」と意気込んだ右腕は、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。なかでも巨人は、「去年のドラフトに入れても1位。安楽(現楽天)よりも上」と藤本スカウトが絶賛している。スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。

「最速152キロの数字が目立っているが、彼の武器は制球力。ストレート、カーブ、スライダー、スプリットを低めに集められる技術がある。昨秋のある試合では、捕手が構えたところに約75%ほど投げ込んでいた。高校2年でここまで制球が安定している投手はめったにいない。安楽は2年時のセンバツで772球を投げて肘を壊したが、高橋は極端に球数が多くなるタイプではないと思います」

 高橋は「三振より球数を少なく、できれば100球ぐらいで勝ちたい」と言っている。県岐阜商が勝ち上がっていっても、安楽の二の舞いにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る