落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

公開日:  更新日:

「これでGMも続投だろうね」

 中日OBがこうつぶやいた。

 22日、中日新聞社の定時株主総会が行われ、白井文吾会長(87)の続投が決定した。同会長が引き続き中日ドラゴンズのオーナーに就くことで「強力な後ろ盾のいる落合GMが来季も続投することが決まった」というのだ。

「これが大きく影響しそうなのが、スカウト戦略だ。落合GMは昨年ドラフトで大学・社会人ばかり9人を指名。高校生は育成選手のみだった。新人に関しては監督時代から即戦力志向が強い。ただ、中日のお膝元である岐阜には、高校ナンバーワン投手といわれる高橋純平(県岐阜商)がいる。果たして、落合GMが高橋に触手を伸ばすのか、見ものだよ」

 高橋は地元の選手であることに加え、中日スカウトによる調査でも「現時点では大学・社会人を含めた全アマ選手と比較しても、1位の最有力候補」に挙げているといわれる。地元のスター候補生だけに、なんとしても指名したいところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る