日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

「これでGMも続投だろうね」

 中日OBがこうつぶやいた。

 22日、中日新聞社の定時株主総会が行われ、白井文吾会長(87)の続投が決定した。同会長が引き続き中日ドラゴンズのオーナーに就くことで「強力な後ろ盾のいる落合GMが来季も続投することが決まった」というのだ。

「これが大きく影響しそうなのが、スカウト戦略だ。落合GMは昨年ドラフトで大学・社会人ばかり9人を指名。高校生は育成選手のみだった。新人に関しては監督時代から即戦力志向が強い。ただ、中日のお膝元である岐阜には、高校ナンバーワン投手といわれる高橋純平(県岐阜商)がいる。果たして、落合GMが高橋に触手を伸ばすのか、見ものだよ」

 高橋は地元の選手であることに加え、中日スカウトによる調査でも「現時点では大学・社会人を含めた全アマ選手と比較しても、1位の最有力候補」に挙げているといわれる。地元のスター候補生だけに、なんとしても指名したいところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事