小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

高橋純平を生で見たら気になるところが3つあった

公開日:  更新日:

 開催中のセンバツで話題の最速152キロ右腕、県岐阜商の高橋純平(3年)の初戦をネット裏で見た。

 最速は150キロと表示されたものの、私の見たところ、MAXは147キロほど。直球よりブレーキの利いたスライダーがいい。常時142~143キロの直球に130キロ程度の落差のあるスライダーがある。高校生なら直球に見えてクルクルと空振りするだろう。

 いい素材だから、あえて言わせてもらうと課題もある。直球が、生きた球と死んだ球がはっきりしているのが気になった。三塁線のバント処理も甘く、内野安打にした打球があった。守備力、フィールディングがまだまだ。しなやかな投球フォームではあるが、ステップ幅が狭いから威圧感がない。マスコミは「ドラフト1位候補」と騒ぐが、発展途上の投手。

 今年は他にこれといった高校生がいない。今秋のドラフトは、駒大の左腕・今永昇太(4年)に1位指名が集中するのではないかとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る