早実・清宮は“真の怪物”なのか プロスカウトがシビアに評価

公開日:  更新日:

「清原以上? ゴジラを超える逸材? いくらなんでも言い過ぎですよ」

 在京球団のスカウトがこう言った。いま話題の早実(西東京)清宮幸太郎(1年)。連日、1面などで「清原、松井級」と、かまびすしいスポーツ紙を手に、このベテランスカウトは苦笑いを浮かべるのだ。

 確かに打ちまくってはいる。

「3番・一塁」で出場した20日の都日野戦(5回戦)で高校初の4安打を放ち、今大会は3試合で10打数7安打の打率.700。7安打は巨人、ヤンキースなどで活躍したあの松井秀喜が星稜1年夏に記録した数字である。清宮は全試合で打点を挙げ、得点圏では7打数5安打、打率.714、7打点。「重視している」と言う勝負強さも発揮している。

 ラグビー界の名選手にして名将、ヤマハ発動機の清宮克幸監督(48)の長男というサラブレッド。中1夏にリトルリーグ世界一に輝き、米メディアに「和製ベーブ・ルース」と称された大器だけに、「清宮フィーバー」はいよいよ過熱してきた。4回戦は4000人だった観客が、5回戦は7000人に急増。報道陣も65人が八王子市民球場に集結した。22日の準々決勝から舞台は神宮球場へ。今大会初めて私立校のエース左腕擁する八王子学園八王子戦に臨むだけに、スポーツマスコミは本人以上に色めき立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る