清宮は「守備に難」とスカウト指摘 背景に早実の練習環境

公開日: 更新日:

「やっぱり守備がどこまで成長するかだろうね」

 ネット裏で視察していた某球団のスカウトが、早実の清宮幸太郎(1年)についてこう言った。

 24日、清宮は日大三との準決勝に3番一塁で出場。2打席目に外角の直球を叩いて右中間フェンス直撃の2点二塁打を放ち、決勝進出に貢献した。

 非凡な才能を見せた一方、課題も見えた。守備である。

「フェンス直撃の二塁打を打ったとはいえ、清宮は本質的にアベレージヒッター。長距離打者じゃありません。ケタ外れのパワーの持ち主なら一塁やDHの選択肢もあるけど、広角に打つアベレージヒッターで一塁しか守れないというんじゃ、どう評価すればいいのか……」と前出のスカウトがこう続ける。

「一、二塁間の打球を逆シングルで好捕するなど、グラブさばきは柔らかい方だと思うけれど、真正面の打球をファンブルしたのは腰高で、打球に頭から突っ込んでいるから。横のフットワークもまだまだ。中学時代は1年の時に腰を疲労骨折して1年間を棒に振った。その影響もあるのか、守備の基本ができていない。今後、三塁の練習をすると聞いているが、三塁をやるなら打球への瞬時の反応、バント守備、横や下からの送球など、これからやるべきことはたくさんある。守備はやればやるほど上達するとはいうものの、それは取り組み方次第です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  2. 2

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  3. 3

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  4. 4

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  5. 5

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  6. 6

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

  7. 7

    国民民主は分裂…玉木氏と行動を共にする衆院議員は3人?

  8. 8

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  9. 9

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  10. 10

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

もっと見る