早実も志願者増加 清宮「甲子園出場」がもたらす“経済効果”

公開日: 更新日:

 この10日間、新聞もテレビもスポーツの話題は早実の1年生、清宮幸太郎(16)で一色だった。 参考までに、18日の西東京大会初戦翌日から甲子園出場を決めた26日の決勝翌日までのスポーツ紙4紙(日刊、報知、スポニチ、サンスポ)を調べてみると、1面か裏1面でこの怪物1年生を取り上げた回数は、実に25度。連日、「清宮」の文字が紙面に躍り、テレビでは「早実」の名前が連呼される。

 笑いが止まらないのは、学校だろう。受験情報会社「大学通信」のゼネラルマネジャー・安田賢治氏が言う。

「早実はもともと人気の高い学校ですが、清宮効果は間違いなくさらなるプラスアルファを生みます。過去に松坂大輔投手(現ソフトバンク)が甲子園で春夏連覇を達成した際は横浜高校の受験者数が増えました。イチロー選手(現マーリンズ)がオリックスから大リーグのマリナーズに移籍した際も母校である愛工大名電高校の志願者数が増加するという現象が起きています。私立校にとって受験料は、最も確実で計算のできる収入源の一つ。早実は以前もそうした恩恵に浴しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)