MLBと正反対 日本で期限直前にトレード活性化しない理由

公開日:  更新日:

 野球界で「7月31日」といえば、「トレード期限」。米メジャーではこの日が近づくにつれて、選手のトレードが活発化する。29日はレンジャーズとフィリーズで大型トレードが成立。レンジャーズが25日にノーヒットノーランを達成した左腕ハメルズら2選手を獲得する代わりに、6選手をフィリーズに放出した。リーグ優勝を狙える上位チームは下位球団から主力選手を獲得。下位に低迷する球団は主力を放出する代わりに、上位球団から若手選手を獲得して来季に備えるからだ。

 ところが、日本球界はこのトレードに消極的だ。セ・パ両リーグの開幕以降に成立したトレードは、巨人と日本ハムの間の1件だけ。巨人の矢野、須永が日本ハムの矢貫、北と2対2で交換されただけだ。なぜ、日本ではメジャーのように頻繁に「選手交換」が行われないのか。

 一つは、「人間関係」によるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る