日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MLBと正反対 日本で期限直前にトレード活性化しない理由

 野球界で「7月31日」といえば、「トレード期限」。米メジャーではこの日が近づくにつれて、選手のトレードが活発化する。29日はレンジャーズとフィリーズで大型トレードが成立。レンジャーズが25日にノーヒットノーランを達成した左腕ハメルズら2選手を獲得する代わりに、6選手をフィリーズに放出した。リーグ優勝を狙える上位チームは下位球団から主力選手を獲得。下位に低迷する球団は主力を放出する代わりに、上位球団から若手選手を獲得して来季に備えるからだ。

 ところが、日本球界はこのトレードに消極的だ。セ・パ両リーグの開幕以降に成立したトレードは、巨人と日本ハムの間の1件だけ。巨人の矢野、須永が日本ハムの矢貫、北と2対2で交換されただけだ。なぜ、日本ではメジャーのように頻繁に「選手交換」が行われないのか。

 一つは、「人間関係」によるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事