• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MLBと正反対 日本で期限直前にトレード活性化しない理由

 野球界で「7月31日」といえば、「トレード期限」。米メジャーではこの日が近づくにつれて、選手のトレードが活発化する。29日はレンジャーズとフィリーズで大型トレードが成立。レンジャーズが25日にノーヒットノーランを達成した左腕ハメルズら2選手を獲得する代わりに、6選手をフィリーズに放出した。リーグ優勝を狙える上位チームは下位球団から主力選手を獲得。下位に低迷する球団は主力を放出する代わりに、上位球団から若手選手を獲得して来季に備えるからだ。

 ところが、日本球界はこのトレードに消極的だ。セ・パ両リーグの開幕以降に成立したトレードは、巨人と日本ハムの間の1件だけ。巨人の矢野、須永が日本ハムの矢貫、北と2対2で交換されただけだ。なぜ、日本ではメジャーのように頻繁に「選手交換」が行われないのか。

 一つは、「人間関係」によるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る