MLBと正反対 日本で期限直前にトレード活性化しない理由

公開日: 更新日:

 野球界で「7月31日」といえば、「トレード期限」。米メジャーではこの日が近づくにつれて、選手のトレードが活発化する。29日はレンジャーズとフィリーズで大型トレードが成立。レンジャーズが25日にノーヒットノーランを達成した左腕ハメルズら2選手を獲得する代わりに、6選手をフィリーズに放出した。リーグ優勝を狙える上位チームは下位球団から主力選手を獲得。下位に低迷する球団は主力を放出する代わりに、上位球団から若手選手を獲得して来季に備えるからだ。

 ところが、日本球界はこのトレードに消極的だ。セ・パ両リーグの開幕以降に成立したトレードは、巨人日本ハムの間の1件だけ。巨人の矢野、須永が日本ハムの矢貫、北と2対2で交換されただけだ。なぜ、日本ではメジャーのように頻繁に「選手交換」が行われないのか。

 一つは、「人間関係」によるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  10. 9

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  11. 10

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

もっと見る