• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松坂も中島も故障離脱 「補強失敗」懲りない球界に識者が苦言

 開幕から1カ月余りとはいえ、今年ほど各球団の補強がうまくいっていないシーズンも珍しいのではないか。メジャー帰りの松坂(ソフトバンク=3年12億円)、中島(オリックス=3年12億円)は揃って故障でつまずいた。

 FAでは小谷野(オリックス=3年3億円)、成瀬(ヤクルト=3年6億円)らが不振で、新助っ人はジョンソン(広島=7000万円)が目立つくらい。開幕後に巨人が獲得したフランシスコ(1億4300万円)に至っては、打てないうえに、拙守を連発してわずか5試合で二軍落ちした。

 評論家のギャオス内藤氏がこう言う。

「今年は特に補強失敗が目立つだけで、毎年同じようなことが繰り返されている気がする。FAやメジャー帰りは30歳を越えた選手が大半で、すでに旬を過ぎています。結果を出すには鍛錬や努力しかないのに、複数年契約で高給が保証されている。本人たちも居心地は良くないでしょうが、そこには甘えもあるのではないでしょうか。助っ人に関して言えば中日のバルデス、ナニータが成功しています。実際に彼らと話をしても、『打って投げて稼いで帰りたい』というハングリーさがヒシヒシと伝わってくるし、彼らは日本の野球を学ぼうという意欲が強い。そこへいくと巨人のフランシスコは実績を買われて胸を張って来日したのでしょうが、バントシフトでミスをしたように日本とアメリカの野球の違いを知ろうとしない態度が透けて見えます。その違いは大きいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る