松坂も中島も故障離脱 「補強失敗」懲りない球界に識者が苦言

公開日:  更新日:

 開幕から1カ月余りとはいえ、今年ほど各球団の補強がうまくいっていないシーズンも珍しいのではないか。メジャー帰りの松坂(ソフトバンク=3年12億円)、中島(オリックス=3年12億円)は揃って故障でつまずいた。

 FAでは小谷野(オリックス=3年3億円)、成瀬(ヤクルト=3年6億円)らが不振で、新助っ人はジョンソン(広島=7000万円)が目立つくらい。開幕後に巨人が獲得したフランシスコ(1億4300万円)に至っては、打てないうえに、拙守を連発してわずか5試合で二軍落ちした。

 評論家のギャオス内藤氏がこう言う。

「今年は特に補強失敗が目立つだけで、毎年同じようなことが繰り返されている気がする。FAやメジャー帰りは30歳を越えた選手が大半で、すでに旬を過ぎています。結果を出すには鍛錬や努力しかないのに、複数年契約で高給が保証されている。本人たちも居心地は良くないでしょうが、そこには甘えもあるのではないでしょうか。助っ人に関して言えば中日のバルデス、ナニータが成功しています。実際に彼らと話をしても、『打って投げて稼いで帰りたい』というハングリーさがヒシヒシと伝わってくるし、彼らは日本の野球を学ぼうという意欲が強い。そこへいくと巨人のフランシスコは実績を買われて胸を張って来日したのでしょうが、バントシフトでミスをしたように日本とアメリカの野球の違いを知ろうとしない態度が透けて見えます。その違いは大きいですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る