• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日若松に完封負け 巨人がまた初対戦投手“アレルギー”発症

 巨人が4日間で3度のサヨナラ勝ちの勢いを、あっさり「初物」に止められた。5連勝で迎えた昨2日の試合で中日の20歳右腕・若松と初対戦。プロ初完封勝利を許したのだ。

 序盤、120キロ台のチェンジアップにタイミングが合わず、巨人打線のバットは空を切り続けた。ベンチ前で円陣を組んだ巨人は、チェンジアップ狙いに切り替えたが、今度は中日バッテリーに直球を使われ、裏をかかれるお粗末ぶりだった。

 またしても初物だ。今季初対戦の先発投手との試合はこれで4勝8敗。前日は劇的なサヨナラ勝ちを飾ったとはいえ、中日の新外国人・ネイラーに6回2点に抑えられた。昔からいわれるが、今季も初対戦の投手に、巨人はめっぽう弱い。

「見たことがない投手で、いい変化球を持っていれば、そりゃあ厳しい。事前に映像を見たところで、球の軌道は打席に入ってみないと分からない。初対戦は様子見みたいになってしまい、2度目から勝負みたいなところはありますね」とはある選手。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る