中日若松に完封負け 巨人がまた初対戦投手“アレルギー”発症

公開日: 更新日:

 巨人が4日間で3度のサヨナラ勝ちの勢いを、あっさり「初物」に止められた。5連勝で迎えた昨2日の試合で中日の20歳右腕・若松と初対戦。プロ初完封勝利を許したのだ。

 序盤、120キロ台のチェンジアップにタイミングが合わず、巨人打線のバットは空を切り続けた。ベンチ前で円陣を組んだ巨人は、チェンジアップ狙いに切り替えたが、今度は中日バッテリーに直球を使われ、裏をかかれるお粗末ぶりだった。

 またしても初物だ。今季初対戦の先発投手との試合はこれで4勝8敗。前日は劇的なサヨナラ勝ちを飾ったとはいえ、中日の新外国人・ネイラーに6回2点に抑えられた。昔からいわれるが、今季も初対戦の投手に、巨人はめっぽう弱い。

「見たことがない投手で、いい変化球を持っていれば、そりゃあ厳しい。事前に映像を見たところで、球の軌道は打席に入ってみないと分からない。初対戦は様子見みたいになってしまい、2度目から勝負みたいなところはありますね」とはある選手。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る