巨人新助っ人カステヤーノス 他球団の“スパイ”はどう見た?

公開日:  更新日:

「貧打巨人に救世主!」――。スポーツマスコミはこう騒いでいる。

 新加入したアレックス・カステヤーノス(28=メッツ3A)が、来日初打席でいきなり打った。7月31日の中日戦に出場選手登録即、「5番・左翼」で先発出場。一回1死一、二塁の第1打席は、中日先発・大野の初球を右前に落とす適時二塁打で1打点。三回の第2打席は1死から今度は左前打を放った。右へ左へ2安打の後は三振と二飛に倒れ、4打数2安打1打点。

 試合後の本人は「最初の打席でチームに貢献することができてホッとしている」とコメント。4連勝の原監督は「実戦向き? 米国での実績は我々の知識の中に入っているが、今日に関しては実戦の中でいいスタートを切った」と話した。

 7月の移籍期限ギリギリにやってきた巨人の新戦力の情報収集に追われたセ・リーグのあるスコアラーは「安打は小さい変化球についていったけど、極端なアッパースイング。あれじゃ速い球は厳しいでしょう」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る