巨人新助っ人カステヤーノス 他球団の“スパイ”はどう見た?

公開日: 更新日:

「貧打巨人に救世主!」――。スポーツマスコミはこう騒いでいる。

 新加入したアレックス・カステヤーノス(28=メッツ3A)が、来日初打席でいきなり打った。7月31日の中日戦に出場選手登録即、「5番・左翼」で先発出場。一回1死一、二塁の第1打席は、中日先発・大野の初球を右前に落とす適時二塁打で1打点。三回の第2打席は1死から今度は左前打を放った。右へ左へ2安打の後は三振と二飛に倒れ、4打数2安打1打点。

 試合後の本人は「最初の打席でチームに貢献することができてホッとしている」とコメント。4連勝の原監督は「実戦向き? 米国での実績は我々の知識の中に入っているが、今日に関しては実戦の中でいいスタートを切った」と話した。

 7月の移籍期限ギリギリにやってきた巨人の新戦力の情報収集に追われたセ・リーグのあるスコアラーは「安打は小さい変化球についていったけど、極端なアッパースイング。あれじゃ速い球は厳しいでしょう」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    コロナ対策の意識の違い…腹を立てるなら無策の政府にだろ

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る