巨人新助っ人カステヤーノス 他球団の“スパイ”はどう見た?

公開日:  更新日:

「貧打巨人に救世主!」――。スポーツマスコミはこう騒いでいる。

 新加入したアレックス・カステヤーノス(28=メッツ3A)が、来日初打席でいきなり打った。7月31日の中日戦に出場選手登録即、「5番・左翼」で先発出場。一回1死一、二塁の第1打席は、中日先発・大野の初球を右前に落とす適時二塁打で1打点。三回の第2打席は1死から今度は左前打を放った。右へ左へ2安打の後は三振と二飛に倒れ、4打数2安打1打点。

 試合後の本人は「最初の打席でチームに貢献することができてホッとしている」とコメント。4連勝の原監督は「実戦向き? 米国での実績は我々の知識の中に入っているが、今日に関しては実戦の中でいいスタートを切った」と話した。

 7月の移籍期限ギリギリにやってきた巨人の新戦力の情報収集に追われたセ・リーグのあるスコアラーは「安打は小さい変化球についていったけど、極端なアッパースイング。あれじゃ速い球は厳しいでしょう」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る