• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人新助っ人カステヤーノス 他球団の“スパイ”はどう見た?

「貧打巨人に救世主!」――。スポーツマスコミはこう騒いでいる。

 新加入したアレックス・カステヤーノス(28=メッツ3A)が、来日初打席でいきなり打った。7月31日の中日戦に出場選手登録即、「5番・左翼」で先発出場。一回1死一、二塁の第1打席は、中日先発・大野の初球を右前に落とす適時二塁打で1打点。三回の第2打席は1死から今度は左前打を放った。右へ左へ2安打の後は三振と二飛に倒れ、4打数2安打1打点。

 試合後の本人は「最初の打席でチームに貢献することができてホッとしている」とコメント。4連勝の原監督は「実戦向き? 米国での実績は我々の知識の中に入っているが、今日に関しては実戦の中でいいスタートを切った」と話した。

 7月の移籍期限ギリギリにやってきた巨人の新戦力の情報収集に追われたセ・リーグのあるスコアラーは「安打は小さい変化球についていったけど、極端なアッパースイング。あれじゃ速い球は厳しいでしょう」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る