ヤクルト下し首位再浮上も…巨人を待ち受ける「魔の8月」

公開日:  更新日:

「我々は我慢しながら、こらえながら取る試合が多かったが、久しぶりに自分たちの力でもぎ取った試合だった」

 7日のヤクルト戦で逆転勝ちした原監督がいつにも増して満足げにこう言ったのは、ヤクルトが相手だったからだろう。

 現時点で対戦成績は7勝5敗。東京ドームでは5勝2敗と優位だが、神宮では1勝3敗。10年から通算成績は17勝27敗3分けと大きく負け越す“鬼門”で7試合を残しており(東京ドーム、地方球場はともに3試合)、8月だけで5試合も組まれている。

「特に投手が神宮を嫌がっている。東京ドームのマウンドは傾斜が高くて土が掘れる一方、神宮は傾斜が低い。昨年まではまだ土が掘れやすかったが、今年はマウンドが改良されて硬くなり、さらに投げづらそうにしている。しかもビジター用のブルペンはマウンドと仕様が違うからさらに厄介。6月に草薙球場でヤクルトの主催試合が行われた際、マウンドが神宮仕様になっていて、多くの投手陣が表情を曇らせていた」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る