• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

幼少期からアスリート並みの献立 早実・清宮「驚異の胃袋」

「中学1年夏のリトル世界大会で体重を量ったら、100キロはありました」

 北砂リトルの日高淳二監督(43)が振り返る。

 現在、184センチ、97キロを誇る幸太郎は、3800グラム超の大きな赤ん坊だった。小学4年で北砂リトルに入団した時にはすでに165センチ。リトル世界大会時は180センチを超えた。

 成長の源は強靱な胃袋にある。調布シニアの安羅岡一樹監督(52)が証言する。

「山盛りのスパゲティをおかずにご飯を食べていたのは驚きましたけど、さらに凄かったのが毎年、年末から年始にかけての台湾遠征での食事。10人ほどで円卓を囲み、30センチくらいの大きな魚をはじめ、肉や野菜、チャーハンが大皿に盛られて出てくる。ほとんどの子が現地特有の香辛料のにおいにやられたりして半分も食べられない中で、幸太郎だけは『うまい、うまい』って他のテーブルの分も帰る直前まで口の中にかきこんでいた。それとは別の時に、台湾で一度下痢になったことがあった。翌日『大丈夫か?』と尋ねたら、『食べたら治りました』ってケロッとしている。健康優良児ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る