幼少期からアスリート並みの献立 早実・清宮「驚異の胃袋」

公開日:  更新日:

「中学1年夏のリトル世界大会で体重を量ったら、100キロはありました」

 北砂リトルの日高淳二監督(43)が振り返る。

 現在、184センチ、97キロを誇る幸太郎は、3800グラム超の大きな赤ん坊だった。小学4年で北砂リトルに入団した時にはすでに165センチ。リトル世界大会時は180センチを超えた。

 成長の源は強靱な胃袋にある。調布シニアの安羅岡一樹監督(52)が証言する。

「山盛りのスパゲティをおかずにご飯を食べていたのは驚きましたけど、さらに凄かったのが毎年、年末から年始にかけての台湾遠征での食事。10人ほどで円卓を囲み、30センチくらいの大きな魚をはじめ、肉や野菜、チャーハンが大皿に盛られて出てくる。ほとんどの子が現地特有の香辛料のにおいにやられたりして半分も食べられない中で、幸太郎だけは『うまい、うまい』って他のテーブルの分も帰る直前まで口の中にかきこんでいた。それとは別の時に、台湾で一度下痢になったことがあった。翌日『大丈夫か?』と尋ねたら、『食べたら治りました』ってケロッとしている。健康優良児ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る