幼少期からアスリート並みの献立 早実・清宮「驚異の胃袋」

公開日:  更新日:

「中学1年夏のリトル世界大会で体重を量ったら、100キロはありました」

 北砂リトルの日高淳二監督(43)が振り返る。

 現在、184センチ、97キロを誇る幸太郎は、3800グラム超の大きな赤ん坊だった。小学4年で北砂リトルに入団した時にはすでに165センチ。リトル世界大会時は180センチを超えた。

 成長の源は強靱な胃袋にある。調布シニアの安羅岡一樹監督(52)が証言する。

「山盛りのスパゲティをおかずにご飯を食べていたのは驚きましたけど、さらに凄かったのが毎年、年末から年始にかけての台湾遠征での食事。10人ほどで円卓を囲み、30センチくらいの大きな魚をはじめ、肉や野菜、チャーハンが大皿に盛られて出てくる。ほとんどの子が現地特有の香辛料のにおいにやられたりして半分も食べられない中で、幸太郎だけは『うまい、うまい』って他のテーブルの分も帰る直前まで口の中にかきこんでいた。それとは別の時に、台湾で一度下痢になったことがあった。翌日『大丈夫か?』と尋ねたら、『食べたら治りました』ってケロッとしている。健康優良児ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る