幼少期からアスリート並みの献立 早実・清宮「驚異の胃袋」

公開日: 更新日:

「中学1年夏のリトル世界大会で体重を量ったら、100キロはありました」

 北砂リトルの日高淳二監督(43)が振り返る。

 現在、184センチ、97キロを誇る幸太郎は、3800グラム超の大きな赤ん坊だった。小学4年で北砂リトルに入団した時にはすでに165センチ。リトル世界大会時は180センチを超えた。

 成長の源は強靱な胃袋にある。調布シニアの安羅岡一樹監督(52)が証言する。

「山盛りのスパゲティをおかずにご飯を食べていたのは驚きましたけど、さらに凄かったのが毎年、年末から年始にかけての台湾遠征での食事。10人ほどで円卓を囲み、30センチくらいの大きな魚をはじめ、肉や野菜、チャーハンが大皿に盛られて出てくる。ほとんどの子が現地特有の香辛料のにおいにやられたりして半分も食べられない中で、幸太郎だけは『うまい、うまい』って他のテーブルの分も帰る直前まで口の中にかきこんでいた。それとは別の時に、台湾で一度下痢になったことがあった。翌日『大丈夫か?』と尋ねたら、『食べたら治りました』ってケロッとしている。健康優良児ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る