びわ湖マラソンは最高4位…問われるペースメーカーの意味

公開日: 更新日:

 いったい誰のためにやっているのか。

 8月の世界選手権(北京)の代表選考会を兼ねた1日のびわ湖毎日マラソンは、ケニアのドゥング(26)が2時間9分8秒で優勝。聞き飽きた「日本人1位」は4位の前田和浩(33)。時計は2時間11分46秒だった。

 今大会にも、1キロ3分で走るペースメーカー(PM)2人が30キロまでレースを引っ張り、2時間6分台の時計が想定されていた。初マラソンだった12年の同大会を2時間7分4秒で制したドゥングは、この日、「雨と風が強い今日のコンディションでは6分台は難しかった」と言ったが、終始自分のペースで走ることができればタイムは違っていたはずだ。

 先月の東京マラソンでも、1キロ2分58秒を課せられたPMがいた。それでも2時間4分台の時計を持つケベデ(エチオピア)は、「もっと速く走れ」といわんばかりにPMの尻を何度も突っついていた。結局、自分のペースで走れず2時間7分58秒の8位と惨敗した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る