日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

びわ湖マラソンは最高4位…問われるペースメーカーの意味

 いったい誰のためにやっているのか。

 8月の世界選手権(北京)の代表選考会を兼ねた1日のびわ湖毎日マラソンは、ケニアのドゥング(26)が2時間9分8秒で優勝。聞き飽きた「日本人1位」は4位の前田和浩(33)。時計は2時間11分46秒だった。

 今大会にも、1キロ3分で走るペースメーカー(PM)2人が30キロまでレースを引っ張り、2時間6分台の時計が想定されていた。初マラソンだった12年の同大会を2時間7分4秒で制したドゥングは、この日、「雨と風が強い今日のコンディションでは6分台は難しかった」と言ったが、終始自分のペースで走ることができればタイムは違っていたはずだ。

 先月の東京マラソンでも、1キロ2分58秒を課せられたPMがいた。それでも2時間4分台の時計を持つケベデ(エチオピア)は、「もっと速く走れ」といわんばかりにPMの尻を何度も突っついていた。結局、自分のペースで走れず2時間7分58秒の8位と惨敗した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事