びわ湖マラソンは最高4位…問われるペースメーカーの意味

公開日: 更新日:

 いったい誰のためにやっているのか。

 8月の世界選手権(北京)の代表選考会を兼ねた1日のびわ湖毎日マラソンは、ケニアのドゥング(26)が2時間9分8秒で優勝。聞き飽きた「日本人1位」は4位の前田和浩(33)。時計は2時間11分46秒だった。

 今大会にも、1キロ3分で走るペースメーカー(PM)2人が30キロまでレースを引っ張り、2時間6分台の時計が想定されていた。初マラソンだった12年の同大会を2時間7分4秒で制したドゥングは、この日、「雨と風が強い今日のコンディションでは6分台は難しかった」と言ったが、終始自分のペースで走ることができればタイムは違っていたはずだ。

 先月の東京マラソンでも、1キロ2分58秒を課せられたPMがいた。それでも2時間4分台の時計を持つケベデ(エチオピア)は、「もっと速く走れ」といわんばかりにPMの尻を何度も突っついていた。結局、自分のペースで走れず2時間7分58秒の8位と惨敗した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る