県大会敗退後すぐ予備校へ…中日・藤井が語る高校球児時代

公開日:  更新日:

 愛知県豊橋市出身の中日の藤井淳志(34)は、地元有数の県立進学校・豊橋東に進んだ。

「毎日授業が午後3、4時まであってそれから練習。専用グラウンドもナイター設備もないから時間は限られます。ティー打撃用のボールは、壊れてもテープでグルグル巻いて補修しながら大事に使っていました。できる範囲で頑張ったので、強豪校の選手のように、つらかったとか、地獄だったとかいうのはなくて、高校野球は楽しかった印象です」

 遊撃手兼投手で4番。2年秋に愛知県で16強入りしたが、最後の3年夏は3回戦で敗退した。

「ベスト16といっても、そこから対戦する中京(大中京)、(愛工大)名電、東邦、享栄とか、強豪私立との差は歴然。みんなモノが違うと思いました」

 ここから多くの高校生と同じように受験勉強が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る