県大会敗退後すぐ予備校へ…中日・藤井が語る高校球児時代

公開日:  更新日:

 愛知県豊橋市出身の中日の藤井淳志(34)は、地元有数の県立進学校・豊橋東に進んだ。

「毎日授業が午後3、4時まであってそれから練習。専用グラウンドもナイター設備もないから時間は限られます。ティー打撃用のボールは、壊れてもテープでグルグル巻いて補修しながら大事に使っていました。できる範囲で頑張ったので、強豪校の選手のように、つらかったとか、地獄だったとかいうのはなくて、高校野球は楽しかった印象です」

 遊撃手兼投手で4番。2年秋に愛知県で16強入りしたが、最後の3年夏は3回戦で敗退した。

「ベスト16といっても、そこから対戦する中京(大中京)、(愛工大)名電、東邦、享栄とか、強豪私立との差は歴然。みんなモノが違うと思いました」

 ここから多くの高校生と同じように受験勉強が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る