“神の足”の異名 巨人・鈴木尚の原点は郵便配達のアルバイト

公開日:  更新日:

「高校野球の思い出ですか? バイトですね」

 開口一番、巨人の鈴木尚広(37)がこう言った。アルバイト?

「そう、アルバイト。そりゃあ、練習はきつかったし、先輩との上下関係も厳しかったですよ。でも、それ以上につらくて大変で思い出深いのが、郵便配達のバイトです」

 鈴木尚が在籍した福島県立相馬高校の野球部には、一風変わった約束事があった。当時の遠藤太監督(現いわき総合高野球部長)がこんな方針を掲げていたのだ。

「なるべく親に負担をかけるな。自分で使う物は自分で買う。せめて、試合用のユニホームくらいは自分自身で稼いだお金で買いなさい」

 鈴木尚が言う。

「それで、選手にはバイトが義務付けられていたんです。やったのは郵便配達。毎年、お正月を挟んで2週間、大きな配達袋を自転車に積んで、担当区域を疾走していました(笑い)。1袋20キロから30キロはあったんじゃないですかね。年賀状のシーズンですから、それを多いときには5袋は配達する。その間は練習は休みでしたが、かなりきつい重労働。これが練習代わりでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る