「“亜大式”で鍛えられた」 広島・菊池涼介が語る高校球児時代

公開日: 更新日:

 菊池涼介(25=広島カープ)の母校・武蔵工大二高(長野)は当時、“鬼”と恐れられた当時の大輪弘之監督をはじめ、この頃はコーチも亜大出身者で固められていた。東京出身の菊池は、寮生活で「礼儀」などを徹底的に叩き込まれた。

「食堂でマヨネーズを取りたい時は、頭を下げながら『失礼致します』。遠征先では監督やコーチがいる時もあるから、上級生になっても『失礼致します』って、何度も言って醤油を取ったりしていましたね」

「亜大式」は練習も過酷だった。

「ノックの量がハンパなく多くて、平日は『30、20、10』。週末になると『100、50、30』に膨れ上がる。夏休みは『80、50、20』でしたね」

 これは、内野ノックの数を指すものだという。

「100は一塁へ送球する数。これが終わったら二塁へ投げるゲッツーが50球。最後はバックホームが30球。打撃より守備練習が多くて(当時は)サードから1日何百球も送球した思い出が強い。強豪校でもこんな数やらないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  11. 10

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

もっと見る