往年の“怪物”とも比較 清宮の打撃をスカウトはどう見たか

公開日: 更新日:

「チャンスで結果を出す勝負強さ、ボールを正確にとらえる器用さはありますけど、高校1年生のときの松井や清原と比べたらまだまだ。彼らのようなパワーヒッターとは言えませんね」

 甲子園のネット裏で清宮の打撃をチェックしたある球団のスカウトがこう言った。

 準々決勝含む4試合で16打数8安打の打率5割。2試合続けて本塁打を放つなど、計4試合で8打点。本塁打まで打った1年生のどこが「まだまだ」で、「パワーヒッター」じゃないのか。

「脚力を含めて絶対的なパワーがないしフォロースルーも小さい。打つポイントが体に近く、ボールを最短距離でとらえているので基本的にはセンターから左方向へライナーを飛ばすタイプなのです。スイング自体もコンパクトで、レベルよりダウンスイングに近いため、打球も上に上がりづらい。ホームランバッターがよく、とんでもなく高いファウルフライを打ち上げますけど、そういう飛球がいまの清宮にはありません。松井や清原が1年生で甲子園デビューしたときと比べると体のキレ、躍動感、スピード、パワーで物足りない印象ですね」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る