• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

往年の“怪物”とも比較 清宮の打撃をスカウトはどう見たか

「チャンスで結果を出す勝負強さ、ボールを正確にとらえる器用さはありますけど、高校1年生のときの松井や清原と比べたらまだまだ。彼らのようなパワーヒッターとは言えませんね」

 甲子園のネット裏で清宮の打撃をチェックしたある球団のスカウトがこう言った。

 準々決勝含む4試合で16打数8安打の打率5割。2試合続けて本塁打を放つなど、計4試合で8打点。本塁打まで打った1年生のどこが「まだまだ」で、「パワーヒッター」じゃないのか。

「脚力を含めて絶対的なパワーがないしフォロースルーも小さい。打つポイントが体に近く、ボールを最短距離でとらえているので基本的にはセンターから左方向へライナーを飛ばすタイプなのです。スイング自体もコンパクトで、レベルよりダウンスイングに近いため、打球も上に上がりづらい。ホームランバッターがよく、とんでもなく高いファウルフライを打ち上げますけど、そういう飛球がいまの清宮にはありません。松井や清原が1年生で甲子園デビューしたときと比べると体のキレ、躍動感、スピード、パワーで物足りない印象ですね」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る