往年の“怪物”とも比較 清宮の打撃をスカウトはどう見たか

公開日:  更新日:

「チャンスで結果を出す勝負強さ、ボールを正確にとらえる器用さはありますけど、高校1年生のときの松井や清原と比べたらまだまだ。彼らのようなパワーヒッターとは言えませんね」

 甲子園のネット裏で清宮の打撃をチェックしたある球団のスカウトがこう言った。

 準々決勝含む4試合で16打数8安打の打率5割。2試合続けて本塁打を放つなど、計4試合で8打点。本塁打まで打った1年生のどこが「まだまだ」で、「パワーヒッター」じゃないのか。

「脚力を含めて絶対的なパワーがないしフォロースルーも小さい。打つポイントが体に近く、ボールを最短距離でとらえているので基本的にはセンターから左方向へライナーを飛ばすタイプなのです。スイング自体もコンパクトで、レベルよりダウンスイングに近いため、打球も上に上がりづらい。ホームランバッターがよく、とんでもなく高いファウルフライを打ち上げますけど、そういう飛球がいまの清宮にはありません。松井や清原が1年生で甲子園デビューしたときと比べると体のキレ、躍動感、スピード、パワーで物足りない印象ですね」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る