早実4強 清宮は桑田以来の1年生2発、打率では清原超え

公開日:  更新日:

 早実(西東京)の清宮幸太郎が史上初の1年生2試合連続本塁打で4強入りに貢献した。

 17日の準々決勝・九州国際大付(福岡)戦。2―0で迎えた四回の第2打席、その初球だった。先発右腕・野木の内角130キロの直球を振り抜くと、打球は弾丸ライナーとなってあっという間に右翼席ポール際に突き刺さった。ゆっくりとダイヤモンドを一周。スタンドからは大歓声が沸き起こった。

 1年生の甲子園2本塁打は83年PL学園の桑田真澄以来2人目。2試合連発は史上初の快挙である。

 左腕エース・富山に代わった七回無死一塁の第4打席は、初球135キロの外角高め直球を逆らわずに左中間へ。これがフェンス直撃の二塁打となり、追加点につなげた。

 初回の第1打席は止めたバットに当たる投ゴロ。この時、左手親指の付け根を痛めた。テーピングで応急処置。四回表の守備に就くのが遅れたものの、「(本塁打は)体の近くに来ると思っていた。打ちやすいところ。逆に力が抜けてよかった」と痛みもどこ吹く風の豪快な打撃で4打数2安打1打点。甲子園4試合で16打数8安打で打率5割となった。8打点と2本塁打は桑田に並んで1年生歴代1位タイである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る