早実4強 清宮は桑田以来の1年生2発、打率では清原超え

公開日: 更新日:

 早実(西東京)の清宮幸太郎が史上初の1年生2試合連続本塁打で4強入りに貢献した。

 17日の準々決勝・九州国際大付(福岡)戦。2―0で迎えた四回の第2打席、その初球だった。先発右腕・野木の内角130キロの直球を振り抜くと、打球は弾丸ライナーとなってあっという間に右翼席ポール際に突き刺さった。ゆっくりとダイヤモンドを一周。スタンドからは大歓声が沸き起こった。

 1年生の甲子園2本塁打は83年PL学園の桑田真澄以来2人目。2試合連発は史上初の快挙である。

 左腕エース・富山に代わった七回無死一塁の第4打席は、初球135キロの外角高め直球を逆らわずに左中間へ。これがフェンス直撃の二塁打となり、追加点につなげた。

 初回の第1打席は止めたバットに当たる投ゴロ。この時、左手親指の付け根を痛めた。テーピングで応急処置。四回表の守備に就くのが遅れたものの、「(本塁打は)体の近くに来ると思っていた。打ちやすいところ。逆に力が抜けてよかった」と痛みもどこ吹く風の豪快な打撃で4打数2安打1打点。甲子園4試合で16打数8安打で打率5割となった。8打点と2本塁打は桑田に並んで1年生歴代1位タイである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった