早実・清宮の恩師が明かす打撃好不調の“バロメーター”

公開日:  更新日:

 早実・清宮幸太郎はここまで甲子園で2試合戦い、8打数3安打2打点。2回戦の広島新庄戦では先制タイムリーを放つなど、チームの勝利にきっちり貢献しているが、小4の終わりから中1の秋まで指導した北砂リトルの日高淳二監督(43)によれば、清宮には好不調を見極めるポイントがあるという。

「幸太郎の長所はバットコントロール。ボールを引きつけて、逆方向に大きな打球が飛ぶときが状態が一番良かった。しっかりジャストミートできているんです。逆に引っ張りにかかって、(バットの)ヘッドが先に走っているように見えるときは、センター方向へ打つという意識が必要かもしれませんね」

 打撃の状態が良いときは左翼方向へ、いい当たりの打球を飛ばすというのだ。とすれば早実に入学して以降の清宮は、必ずしも状態が良いとは言えないのではないか。


 今春以降の公式戦10試合(春季都大会、西東京大会、甲子園の初戦=対今治西)、計36打席(四死球9、三振3を除く)の打球方向の内訳は、右翼方向19、中堅方向11、左翼方向6。左翼方向へ飛んだ確率は約16.7%に過ぎない。夏以降の計22打席(四死球8、三振3を除く)では右翼方向11、中堅方向8、左翼方向3。左方向への確率は約13.6%まで下がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る