早実・清宮の恩師が明かす打撃好不調の“バロメーター”

公開日: 更新日:

 早実・清宮幸太郎はここまで甲子園で2試合戦い、8打数3安打2打点。2回戦の広島新庄戦では先制タイムリーを放つなど、チームの勝利にきっちり貢献しているが、小4の終わりから中1の秋まで指導した北砂リトルの日高淳二監督(43)によれば、清宮には好不調を見極めるポイントがあるという。

「幸太郎の長所はバットコントロール。ボールを引きつけて、逆方向に大きな打球が飛ぶときが状態が一番良かった。しっかりジャストミートできているんです。逆に引っ張りにかかって、(バットの)ヘッドが先に走っているように見えるときは、センター方向へ打つという意識が必要かもしれませんね」

 打撃の状態が良いときは左翼方向へ、いい当たりの打球を飛ばすというのだ。とすれば早実に入学して以降の清宮は、必ずしも状態が良いとは言えないのではないか。


 今春以降の公式戦10試合(春季都大会、西東京大会、甲子園の初戦=対今治西)、計36打席(四死球9、三振3を除く)の打球方向の内訳は、右翼方向19、中堅方向11、左翼方向6。左翼方向へ飛んだ確率は約16.7%に過ぎない。夏以降の計22打席(四死球8、三振3を除く)では右翼方向11、中堅方向8、左翼方向3。左方向への確率は約13.6%まで下がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る