早実・清宮の恩師が明かす打撃好不調の“バロメーター”

公開日:  更新日:

 早実・清宮幸太郎はここまで甲子園で2試合戦い、8打数3安打2打点。2回戦の広島新庄戦では先制タイムリーを放つなど、チームの勝利にきっちり貢献しているが、小4の終わりから中1の秋まで指導した北砂リトルの日高淳二監督(43)によれば、清宮には好不調を見極めるポイントがあるという。

「幸太郎の長所はバットコントロール。ボールを引きつけて、逆方向に大きな打球が飛ぶときが状態が一番良かった。しっかりジャストミートできているんです。逆に引っ張りにかかって、(バットの)ヘッドが先に走っているように見えるときは、センター方向へ打つという意識が必要かもしれませんね」

 打撃の状態が良いときは左翼方向へ、いい当たりの打球を飛ばすというのだ。とすれば早実に入学して以降の清宮は、必ずしも状態が良いとは言えないのではないか。


 今春以降の公式戦10試合(春季都大会、西東京大会、甲子園の初戦=対今治西)、計36打席(四死球9、三振3を除く)の打球方向の内訳は、右翼方向19、中堅方向11、左翼方向6。左翼方向へ飛んだ確率は約16.7%に過ぎない。夏以降の計22打席(四死球8、三振3を除く)では右翼方向11、中堅方向8、左翼方向3。左方向への確率は約13.6%まで下がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る