早実OBの荒木大輔氏が清宮に助言「重圧とどう向き合うか?」

公開日:  更新日:

 高校1年だった80年夏の初戦、北陽(現関大北陽)戦で6-0の完封勝ちをしてから日常生活が一変しました。宿舎に戻ると、ファンやマスコミがつめかけ、外出もできなくなった。それまでは甲子園駅まで歩いてお菓子を買いに行ってたんですけどね。

 僕が1年の時はプレッシャーを感じるというより、とにかく上級生についていって、サインどおりに投げてという感じでした。その点、清宮君は入学してすぐに3番を任され、大会前から注目を集めている。その中でも楽しそうにプレーしているのはいいなと思います。

 フィーバーの重圧といかに向き合っていくか?これは本人がどう考えているかはわからないので、僕個人の意見になりますが、長打を期待されているから本塁打を打とうとか、応援してくれている人の期待に応えようと考える必要はないと思います。全く打てなかったとしても、責任を感じる必要もない。プロではなく、あくまで高校生なんですからね。この先、プロ野球に進むことになれば、それこそ1年目からファンのため、子供たちのためと、いろんなことを考えながらプレーしないといけなくなります。それからで十分でしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る