早実OBの荒木大輔氏が清宮に助言「重圧とどう向き合うか?」

公開日: 更新日:

 高校1年だった80年夏の初戦、北陽(現関大北陽)戦で6-0の完封勝ちをしてから日常生活が一変しました。宿舎に戻ると、ファンやマスコミがつめかけ、外出もできなくなった。それまでは甲子園駅まで歩いてお菓子を買いに行ってたんですけどね。

 僕が1年の時はプレッシャーを感じるというより、とにかく上級生についていって、サインどおりに投げてという感じでした。その点、清宮君は入学してすぐに3番を任され、大会前から注目を集めている。その中でも楽しそうにプレーしているのはいいなと思います。

 フィーバーの重圧といかに向き合っていくか?これは本人がどう考えているかはわからないので、僕個人の意見になりますが、長打を期待されているから本塁打を打とうとか、応援してくれている人の期待に応えようと考える必要はないと思います。全く打てなかったとしても、責任を感じる必要もない。プロではなく、あくまで高校生なんですからね。この先、プロ野球に進むことになれば、それこそ1年目からファンのため、子供たちのためと、いろんなことを考えながらプレーしないといけなくなります。それからで十分でしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る