関東第一・米沢監督に聞いた 俊足外野手オコエの素顔と能力

公開日:  更新日:

 初戦(11日の対高岡商)で鮮烈な甲子園デビューを飾ったのが、関東第一(東東京)のオコエ瑠偉外野手(3年)だ。初回に一塁手が打球を捕り損なうのを見るや、一気に二塁を陥れる「一塁強襲の二塁打」。三回には大会史上2人目、49年ぶりとなる1イニング2三塁打を放ち、50メートル5秒96の俊足を見せつけた。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つオコエについて、16日の3回戦(対中京大中京)を前に米沢貴光監督(39)に聞いた。

――中学生の頃から、近隣では名の知れた選手だったのですか?

「彼は中学生の時、足にケガ(大腿骨頭すべり症、大腿骨の付け根がずれる病気)をしていたので、それほど野球はやっていなかったんです。だから当時のプレーは見たことがなかった。ただ、彼の所属していた東村山シニアさんから、『実はこういう選手がいるけど、どう?』と紹介されたのがきっかけですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る