関東第一・米沢監督に聞いた 俊足外野手オコエの素顔と能力

公開日: 更新日:

 初戦(11日の対高岡商)で鮮烈な甲子園デビューを飾ったのが、関東第一(東東京)のオコエ瑠偉外野手(3年)だ。初回に一塁手が打球を捕り損なうのを見るや、一気に二塁を陥れる「一塁強襲の二塁打」。三回には大会史上2人目、49年ぶりとなる1イニング2三塁打を放ち、50メートル5秒96の俊足を見せつけた。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つオコエについて、16日の3回戦(対中京大中京)を前に米沢貴光監督(39)に聞いた。

――中学生の頃から、近隣では名の知れた選手だったのですか?

「彼は中学生の時、足にケガ(大腿骨頭すべり症、大腿骨の付け根がずれる病気)をしていたので、それほど野球はやっていなかったんです。だから当時のプレーは見たことがなかった。ただ、彼の所属していた東村山シニアさんから、『実はこういう選手がいるけど、どう?』と紹介されたのがきっかけですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る