U18W杯 スカウトが固唾のんで注目する仙台育英・平沢の打撃

公開日: 更新日:

 成績次第では下位指名すらあり得る。

 さながら今秋ドラフトの品評会の様相を呈しているU18W杯。12球団のスカウトがネット裏に陣取っているものの、彼らの目的は1位指名候補の絞り込みと2位以降の順位付け。

 逆に言えば、この時期に選手の評価が大きく変わることはほとんどない。

 26日の大学選抜との試合では県岐阜商の高橋純平、大分商の森下暢仁の上位候補右腕が前評判通りの投球を見せられなかったが、多くのスカウトは「2人とも甲子園に出ていないし、実戦から離れていた。あの試合での投球は何の参考にもならない」と意に介さない。

 そんな中、1人だけ「アイツは何位がふさわしいのか?」と、いまだに評価が定まっていない野手がいる。それが仙台育英の遊撃手、平沢大河だ。俊足強肩で守備力はすでにプロ並み。26日の試合では来年のドラフトで競合必至の田中正義(創価大)の153キロをとらえて右前打を打っている。楽天の星野SAも「鳥谷以上やな」と絶賛だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る