U18W杯 スカウトが固唾のんで注目する仙台育英・平沢の打撃

公開日:  更新日:

 成績次第では下位指名すらあり得る。

 さながら今秋ドラフトの品評会の様相を呈しているU18W杯。12球団のスカウトがネット裏に陣取っているものの、彼らの目的は1位指名候補の絞り込みと2位以降の順位付け。

 逆に言えば、この時期に選手の評価が大きく変わることはほとんどない。

 26日の大学選抜との試合では県岐阜商の高橋純平、大分商の森下暢仁の上位候補右腕が前評判通りの投球を見せられなかったが、多くのスカウトは「2人とも甲子園に出ていないし、実戦から離れていた。あの試合での投球は何の参考にもならない」と意に介さない。

 そんな中、1人だけ「アイツは何位がふさわしいのか?」と、いまだに評価が定まっていない野手がいる。それが仙台育英の遊撃手、平沢大河だ。俊足強肩で守備力はすでにプロ並み。26日の試合では来年のドラフトで競合必至の田中正義(創価大)の153キロをとらえて右前打を打っている。楽天の星野SAも「鳥谷以上やな」と絶賛だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る