肩、足に加え知名度も抜群 今秋ドラフトは「オコエ争奪戦」に

公開日: 更新日:

 今秋のドラフト候補たちが揃い踏みした、26日のU18日本代表と大学代表との壮行試合。ネット裏に並んだ12球団のスカウト陣の間で、最も人気がある選手は誰なのか。

 これまでは県岐阜商の右腕・高橋純平と東海大相模の左腕・小笠原慎之介に人気が集中していた。いずれも超高校級の逸材。かねてスカウト陣は「あの2人は頭一つ抜けている」と口を揃えていたが、ここに来て頭角を現してきたのが関東一の外野手、オコエ瑠偉だ。

 セのスカウトが言う。

「高校生離れした肩と足は、守備だけなら今すぐにプロでも通用するレベル。ただ、テレビが特集を組むまで人気が出るとは思わなかった。ハーフということもあって、すでにキャラクターが立っている。『オコエ瑠偉』という名前もインパクトがあって覚えやすい」

 プロ野球は客商売だけに、純粋な実力のみが評価されるとは限らない。その典型が10年ドラフトで4球団が競合した早大の斎藤佑樹日本ハム)だ。実力不足でも「ハンカチ王子」として甲子園を沸かせた人気があったからこそ、指名が重複した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る