肩、足に加え知名度も抜群 今秋ドラフトは「オコエ争奪戦」に

公開日:  更新日:

 今秋のドラフト候補たちが揃い踏みした、26日のU18日本代表と大学代表との壮行試合。ネット裏に並んだ12球団のスカウト陣の間で、最も人気がある選手は誰なのか。

 これまでは県岐阜商の右腕・高橋純平と東海大相模の左腕・小笠原慎之介に人気が集中していた。いずれも超高校級の逸材。かねてスカウト陣は「あの2人は頭一つ抜けている」と口を揃えていたが、ここに来て頭角を現してきたのが関東一の外野手、オコエ瑠偉だ。

 セのスカウトが言う。

「高校生離れした肩と足は、守備だけなら今すぐにプロでも通用するレベル。ただ、テレビが特集を組むまで人気が出るとは思わなかった。ハーフということもあって、すでにキャラクターが立っている。『オコエ瑠偉』という名前もインパクトがあって覚えやすい」

 プロ野球は客商売だけに、純粋な実力のみが評価されるとは限らない。その典型が10年ドラフトで4球団が競合した早大の斎藤佑樹(日本ハム)だ。実力不足でも「ハンカチ王子」として甲子園を沸かせた人気があったからこそ、指名が重複した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る