イ・ボミが3勝目 賞金女王争い独走許す日本女子の体たらく

公開日: 更新日:

【ニトリレディス】

 初の賞金女王に向けて、再び独走状態である。賞金ランクトップを走るイ・ボミ(27)が今季3勝、日本ツアー通算11勝目を挙げ、獲得賞金を約1億3669万円に。2位のテレサ・ルーに5000万円以上の差をつけた。

「先々週、テレビを見ていたらテレサが優勝したし、(出場予定の残り)12試合の中で3試合勝ちたいと思っていた」(イ・ボミ)

 それにしてもだらしないのが日本人の女子プロだ。ここ5年間で4度、韓国人プロに賞金女王の座をもっていかれ、今年も「賞金女王を取る」と宣言したイ・ボミのタイトル獲得を阻止するどころか、いいようにやられっ放しなのだ。

 韓国人プロにとって日本ツアーは、おいしい環境だ。米ツアーと比べてレベルが低いからラクにカネを稼げる。しかも男子ツアーをしのぐ人気があり、賞金も高い。日本の女子ツアーはもはや、韓国人プロの食いぶちと化しているのだ。

 イ・ボミは会見で妹が美容院をオープンしたことについて触れ、「客があまりいないと言っていたけど、私が優勝したから大丈夫ですね」とニコニコだ。好き放題やられたうえに、家族まで食わせてやっているのだから、日本人の女子プロやスポンサーはお人よし過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る