イ・ボミが3勝目 賞金女王争い独走許す日本女子の体たらく

公開日: 更新日:

【ニトリレディス】

 初の賞金女王に向けて、再び独走状態である。賞金ランクトップを走るイ・ボミ(27)が今季3勝、日本ツアー通算11勝目を挙げ、獲得賞金を約1億3669万円に。2位のテレサ・ルーに5000万円以上の差をつけた。

「先々週、テレビを見ていたらテレサが優勝したし、(出場予定の残り)12試合の中で3試合勝ちたいと思っていた」(イ・ボミ)

 それにしてもだらしないのが日本人の女子プロだ。ここ5年間で4度、韓国人プロに賞金女王の座をもっていかれ、今年も「賞金女王を取る」と宣言したイ・ボミのタイトル獲得を阻止するどころか、いいようにやられっ放しなのだ。

 韓国人プロにとって日本ツアーは、おいしい環境だ。米ツアーと比べてレベルが低いからラクにカネを稼げる。しかも男子ツアーをしのぐ人気があり、賞金も高い。日本の女子ツアーはもはや、韓国人プロの食いぶちと化しているのだ。

 イ・ボミは会見で妹が美容院をオープンしたことについて触れ、「客があまりいないと言っていたけど、私が優勝したから大丈夫ですね」とニコニコだ。好き放題やられたうえに、家族まで食わせてやっているのだから、日本人の女子プロやスポンサーはお人よし過ぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る