U18西谷監督、篠原主将が指摘 「4番清宮」の未熟なメンタル

公開日: 更新日:

「気持ちと体の充実ですね」

 2日、「U-18」日本代表の西谷監督が、膝の違和感で1日のメキシコ戦を欠場した清宮幸太郎(早実=1年)をスタメン復帰させる条件についてこう言った。

「(練習でミスショットをしたときなど)『あっ、あっ』と声に出すことが多い。下級生とはいえ、軸を打つとなると、その辺もしっかりとしないといけない。フリーを見ると普通に打っているが、どれくらいできるのか様子を見たい。(清宮)本人はあまりうまくいっていないので、ボヤきながら打ってました。膝のことももちろんですが、行けるか行けないか、その辺は見極めたい」

 清宮は練習や試合で打ち損じたり、結果が出なかったりしたとき、声や態度で悔しさをあらわにする。

 主将の篠原(敦賀気比=3年)は、そんな清宮を気にかけている先輩のひとり。篠原は「ベンチやグラウンドで清宮に声を掛けることもある」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る