疲労ピーク、起用にも疑問符 清宮「左膝痛で途中交代」の波紋

公開日:  更新日:

 31日の「U-18」チェコ戦の三回裏。清宮幸太郎(早実=1年)の途中交代が場内でアナウンスで流れると、ネット裏は騒然となった。

「2打席目、右飛に倒れてベンチに引き揚げる際に苦悶の表情を浮かべていた」
「どうやら左膝を痛めたらしいぞ」

 清宮の故障情報が駆け巡る。試合後の本人は「試合前のキャッチボールをしたときから、膝に違和感を感じていた」と明かし、「これまで膝を痛めたことは一度もなかった。途中交代もシニア時代に腰を痛めて強行出場した時以来です」と続けた。

 翌日以降の出場については「立っているのは問題ないけど、歩くときにちょっと変な感じがある。(今後は)明日起きて様子を見てですね」と語り、膝の状態と相談しながらになる。

 入学から3カ月後に夏の予選が始まり、甲子園では準決勝進出。休む間もなく、代表に招集された。体力に勝る3年生でも疲れを隠しながらやっているくらいだ。1年生の清宮は体力面で多少のハンディはあるはず。「テレビで試合を見ていたら、清宮の目の下にクマができていて、疲れてるのかなと思った」と話す関係者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る