清宮欠場にスカウト指摘「ドタバタ走りが膝に負担をかける」

公開日:  更新日:

 代表初のスタメン落ちとなった。

 前日の試合中に左膝の違和感で途中交代した清宮幸太郎(早実=1年)は、雨天で2時間15分遅れでスタートした1日のメキシコ戦を欠場。清宮は「出たいのはあったが、チームプレーも大事。(スーパーラウンドが開幕する)明後日以降はもちろん出たい。少しでもチームの役に立ちたい」と前を見据えた。

 西谷監督は、「朝、治療が終わった段階で今日は出さないと伝えた。本人は大丈夫ですと言っていたが、無理をするところではないし、いろんな選手を使いたいのもある」と、スタメン落ちの意図を語った。今後は2日に行われる全体練習などで膝の状態を見ながらの起用になりそうだが、ネット裏のスカウトは膝の違和感についてこんな見方をしている。

「清宮は184センチ、97キロ。ただでさえ体が大きく重たい上に、走り方に安定感がなく、ドタバタした感じに見える。これが膝に負担になっているのかもしれない。もう少しスムーズに走れるようになれば、走力もアップするし、膝や腰への負担も軽減されるのではないか」

 本人はこの日、「膝と腰は大きな体の選手が壊す箇所だから注意してやっていきたい」と言っていた。さらに成長するには、走り方も一つのポイントになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る