清宮欠場にスカウト指摘「ドタバタ走りが膝に負担をかける」

公開日: 更新日:

 代表初のスタメン落ちとなった。

 前日の試合中に左膝の違和感で途中交代した清宮幸太郎(早実=1年)は、雨天で2時間15分遅れでスタートした1日のメキシコ戦を欠場。清宮は「出たいのはあったが、チームプレーも大事。(スーパーラウンドが開幕する)明後日以降はもちろん出たい。少しでもチームの役に立ちたい」と前を見据えた。

 西谷監督は、「朝、治療が終わった段階で今日は出さないと伝えた。本人は大丈夫ですと言っていたが、無理をするところではないし、いろんな選手を使いたいのもある」と、スタメン落ちの意図を語った。今後は2日に行われる全体練習などで膝の状態を見ながらの起用になりそうだが、ネット裏のスカウトは膝の違和感についてこんな見方をしている。

「清宮は184センチ、97キロ。ただでさえ体が大きく重たい上に、走り方に安定感がなく、ドタバタした感じに見える。これが膝に負担になっているのかもしれない。もう少しスムーズに走れるようになれば、走力もアップするし、膝や腰への負担も軽減されるのではないか」

 本人はこの日、「膝と腰は大きな体の選手が壊す箇所だから注意してやっていきたい」と言っていた。さらに成長するには、走り方も一つのポイントになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る