今季4度目の棄権 尾崎将司の雄姿は「初日」しか見られない

公開日:  更新日:

【フジサンケイクラシック】

 もう、めったにお目にかかれない“レアもの”になりつつある。ツアー94勝のジャンボこと、尾崎将司(68)だ。

 本大会は2年連続優勝2度を含む過去6勝と圧倒的な強さを誇っていたが、舞台を川奈から富士桜に移してからは未勝利。

 永久シード権を持ち、いまだにレギュラー大会にこだわっているが寄る年波には勝てず、おまけに腰に爆弾を抱えている。アップダウンのきついコースでは負担が大きく初日に81をたたいて117位。2日目はハーフ終了後にお決まりの腰痛を理由に棄権した。

 今季は7試合に出場して決勝進出はゼロ。棄権は4度目になる。もちろん獲得賞金もナシと、日本ツアーに君臨した最強プロだっただけにその凋落ぶりは哀れだ。

「55歳241日の最年長優勝記録を持つ再来週のANAオープンには毎年欠かさずに出場していますが、昨年大会も2日目に棄権しています。4日間どころか、予選2日間もまともにプレーできないほど体はボロボロのようです」(ツアー記者)

 北の輪厚でジャンボを見たけりゃ、初日しかダメだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る