リディア・コがメジャー最年少V 若手プロの躍進はなぜ続く

公開日:  更新日:

【エビアン選手権】

 リディア・コが18歳4カ月20日でメジャー最年少優勝を飾った。

 2打差、3位発進のコは、11番パー4で4つ目のバーディーを決めて首位を走るレクシー・トンプソン(20)をとらえると、その後も勢いが止まらず、4バーディーを決めた。結局、8バーディー、ノーボギーの63と、最終日に本大会ベストスコアをマークしての圧勝だった。

 コは2012年、アマ時代の15歳4カ月2日で米ツアー初優勝。今年2月には、申ジエが持つ世界ランク首位の最年少記録(22歳5日)を大きく塗り替える17歳9カ月で達成。そして今回、07年にモーガン・プレッセルが記録した18歳10カ月9日のメジャー最年少記録を更新。今回のメジャー勝利でツアー通算9勝に伸ばした。

 米ツアーは世代交代が猛烈なスピードで進んでいる。昨年大会は19歳だったキム・ヒョージュが勝ち、今年の全米女子オープンは20歳だったチョン・インジが勝利するなど、若手のメジャー優勝が今では当たり前になっている。今大会でコと優勝争いをしたL・トンプソンも昨年、19歳1カ月27日でメジャーのクラフト・ナビスコに勝っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る