• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リディア・コがメジャー最年少V 若手プロの躍進はなぜ続く

【エビアン選手権】

 リディア・コが18歳4カ月20日でメジャー最年少優勝を飾った。

 2打差、3位発進のコは、11番パー4で4つ目のバーディーを決めて首位を走るレクシー・トンプソン(20)をとらえると、その後も勢いが止まらず、4バーディーを決めた。結局、8バーディー、ノーボギーの63と、最終日に本大会ベストスコアをマークしての圧勝だった。

 コは2012年、アマ時代の15歳4カ月2日で米ツアー初優勝。今年2月には、申ジエが持つ世界ランク首位の最年少記録(22歳5日)を大きく塗り替える17歳9カ月で達成。そして今回、07年にモーガン・プレッセルが記録した18歳10カ月9日のメジャー最年少記録を更新。今回のメジャー勝利でツアー通算9勝に伸ばした。

 米ツアーは世代交代が猛烈なスピードで進んでいる。昨年大会は19歳だったキム・ヒョージュが勝ち、今年の全米女子オープンは20歳だったチョン・インジが勝利するなど、若手のメジャー優勝が今では当たり前になっている。今大会でコと優勝争いをしたL・トンプソンも昨年、19歳1カ月27日でメジャーのクラフト・ナビスコに勝っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る