杉内手術で左腕先発激減…巨人に早くも来季“投壊危機”

公開日:  更新日:

 股関節を痛め、7月23日に二軍落ちしていた杉内俊哉(34)が、手術に踏み切る可能性が浮上した。関係者によると、来季は開幕どころか復帰時期も見えない状況だという。

 今季は17試合に先発して6勝6敗。股関節をかばいながら、130キロ前後の球速で何とか投げていた。二軍で2カ月近くが経過。練習どころか、最近はユニホームすら着ていなかった。これまで先発陣を支えてきたエース格だけに、来季も絶望となれば一大事だ。

 同じ左腕エースの内海哲也(33)も今季は1勝1敗で、故障の影響なのか大半を二軍で過ごしている。昨季までのリーグ3連覇を支えた左の2枚看板が、来季もアテにならないとなれば大ピンチ。原監督はかねがね「左(投手)は貴重」と話している。今季、20歳の田口が台頭したものの、この2人の代役を務めるには荷が重い。他の若手も伸び悩んでいて、球団は危機感を募らせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る