• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12球団一のチーム防御率も…巨人・菅野めぐり投手陣に異変

 図らずも巨人の不安が見えたのは、なんとか1勝1敗で乗り切った、先の阪神戦である。

 他球団スコアラーがこう言った。

「当初、阪神3連戦での巨人先発予定はポレダ、マイコラス、菅野の順だった。初戦が雨で流れた時点でポレダはリリーフに回り、予定通りに先発するマイコラス、菅野をバックアップするなどの総力戦に打って出ると見ていた。それが、2戦目はマイコラス、3戦目にはポレダが先発した。ポレダにとっては雨天中止の翌日ではなく、翌々日の先発に回るという難しい変則のスライド登板。そうまでしたのは、助っ人2人が阪神に相性がいいという以上に、結果的に先発ローテを1回飛ばされることになった菅野に対する信頼度の問題だと見ています」

 大一番と位置付けられた大事な首位阪神との直接対決で結果的にエースの先発が飛ばされた。次戦は中10日で15日の広島戦に登板予定。菅野は4位の広島をカモにしている。対戦防御率1.17はセ5球団との中で最も低い。CS争いのライバル球団をエースに直接叩かせるというのが表向きの理由だが、前出のスコアラーはそう見ていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る