12球団一のチーム防御率も…巨人・菅野めぐり投手陣に異変

公開日:  更新日:

 図らずも巨人の不安が見えたのは、なんとか1勝1敗で乗り切った、先の阪神戦である。

 他球団スコアラーがこう言った。

「当初、阪神3連戦での巨人先発予定はポレダ、マイコラス、菅野の順だった。初戦が雨で流れた時点でポレダはリリーフに回り、予定通りに先発するマイコラス、菅野をバックアップするなどの総力戦に打って出ると見ていた。それが、2戦目はマイコラス、3戦目にはポレダが先発した。ポレダにとっては雨天中止の翌日ではなく、翌々日の先発に回るという難しい変則のスライド登板。そうまでしたのは、助っ人2人が阪神に相性がいいという以上に、結果的に先発ローテを1回飛ばされることになった菅野に対する信頼度の問題だと見ています」

 大一番と位置付けられた大事な首位阪神との直接対決で結果的にエースの先発が飛ばされた。次戦は中10日で15日の広島戦に登板予定。菅野は4位の広島をカモにしている。対戦防御率1.17はセ5球団との中で最も低い。CS争いのライバル球団をエースに直接叩かせるというのが表向きの理由だが、前出のスコアラーはそう見ていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る