12球団一のチーム防御率も…巨人・菅野めぐり投手陣に異変

公開日:  更新日:

 図らずも巨人の不安が見えたのは、なんとか1勝1敗で乗り切った、先の阪神戦である。

 他球団スコアラーがこう言った。

「当初、阪神3連戦での巨人先発予定はポレダ、マイコラス、菅野の順だった。初戦が雨で流れた時点でポレダはリリーフに回り、予定通りに先発するマイコラス、菅野をバックアップするなどの総力戦に打って出ると見ていた。それが、2戦目はマイコラス、3戦目にはポレダが先発した。ポレダにとっては雨天中止の翌日ではなく、翌々日の先発に回るという難しい変則のスライド登板。そうまでしたのは、助っ人2人が阪神に相性がいいという以上に、結果的に先発ローテを1回飛ばされることになった菅野に対する信頼度の問題だと見ています」

 大一番と位置付けられた大事な首位阪神との直接対決で結果的にエースの先発が飛ばされた。次戦は中10日で15日の広島戦に登板予定。菅野は4位の広島をカモにしている。対戦防御率1.17はセ5球団との中で最も低い。CS争いのライバル球団をエースに直接叩かせるというのが表向きの理由だが、前出のスコアラーはそう見ていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る