• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

失点1も援護なく10敗目 エース菅野を救えない巨人重症貧打

 まったくもって、ついていない。巨人の菅野智之(25)が15日の広島戦に先発。7回2安打1失点(自責0)の好投も、二回に坂本の失策で失点し、今季10敗目(9勝)を喫した。

 この日は中10日と休養十分な中でのマウンド。菅野は「良かったけど、負けたのは悔しい。1点が重い試合になることは分かっていた中で、全体的には自分の投球はできたと思う。四球絡みで先制点を与えてしまったことが悔やまれる」とコメント。前日は「これからフル回転するでしょう。3年目の坊やに任せるのは荷が重いかもしれないけど、やらなきゃいかんね」と皮肉タップリに話していた原監督も「今日は非常にいい投球だった。リズムも良かった」と責めることはなかった。

 防御率1.94はリーグ2位にもかかわらず、なぜか借金1。先発投手に「貯金」を求める原監督の歯がゆい思いが「3年目の坊や」という言葉に表れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る