失点1も援護なく10敗目 エース菅野を救えない巨人重症貧打

公開日:  更新日:

 まったくもって、ついていない。巨人の菅野智之(25)が15日の広島戦に先発。7回2安打1失点(自責0)の好投も、二回に坂本の失策で失点し、今季10敗目(9勝)を喫した。

 この日は中10日と休養十分な中でのマウンド。菅野は「良かったけど、負けたのは悔しい。1点が重い試合になることは分かっていた中で、全体的には自分の投球はできたと思う。四球絡みで先制点を与えてしまったことが悔やまれる」とコメント。前日は「これからフル回転するでしょう。3年目の坊やに任せるのは荷が重いかもしれないけど、やらなきゃいかんね」と皮肉タップリに話していた原監督も「今日は非常にいい投球だった。リズムも良かった」と責めることはなかった。

 防御率1.94はリーグ2位にもかかわらず、なぜか借金1。先発投手に「貯金」を求める原監督の歯がゆい思いが「3年目の坊や」という言葉に表れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る