30試合以上登板が8人 ヤクルト「リリーフ陣」こそ“陰のMVP”

公開日: 更新日:

 最後まで持つのか。

 13日の中日戦。延長十二回の引き分けに持ち込み、単独首位に立ったヤクルトはこの日も7投手をつぎ込んだ。3番手のオンドルセクは、これがリーグ2位となる62試合目の登板。5番手の秋吉は、その上を行く65試合目のマウンドである。

 先発陣の完投数が12球団最少のたった3試合とあって、ブルペンは開幕からずっとフル回転。その結果、この日の2番手のロマンも55試合、4番手のバーネットも51試合に投げるなど、“酷使”が続いている。30試合以上に登板している投手はリーグ最多の8人。みな疲労困憊ではないか。

「7月の初めくらいまではベンチも、連投は2試合までに制限するなど、なんとかやりくりしていましたが、勝負どころの夏場に入ってからはそうも言っていられなくなった。ここ15試合で11試合に投げている秋吉などは、2試合の雨天中止を挟んでいるものの、この日が6連投目です。それでも秋吉、オンドルセクともに9月はまだ無失点。七回からの6イニングを6投手が無失点に抑えたこの日の試合後、高津投手コーチは『彼らの絶対に負けられないという気持ちが大きかった』と称えていましたが、内心では“頼むから最後までもってくれ”と祈るような気持ちだと思いますよ」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  7. 7

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  8. 8

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る