30試合以上登板が8人 ヤクルト「リリーフ陣」こそ“陰のMVP”

公開日:  更新日:

 最後まで持つのか。

 13日の中日戦。延長十二回の引き分けに持ち込み、単独首位に立ったヤクルトはこの日も7投手をつぎ込んだ。3番手のオンドルセクは、これがリーグ2位となる62試合目の登板。5番手の秋吉は、その上を行く65試合目のマウンドである。

 先発陣の完投数が12球団最少のたった3試合とあって、ブルペンは開幕からずっとフル回転。その結果、この日の2番手のロマンも55試合、4番手のバーネットも51試合に投げるなど、“酷使”が続いている。30試合以上に登板している投手はリーグ最多の8人。みな疲労困憊ではないか。

「7月の初めくらいまではベンチも、連投は2試合までに制限するなど、なんとかやりくりしていましたが、勝負どころの夏場に入ってからはそうも言っていられなくなった。ここ15試合で11試合に投げている秋吉などは、2試合の雨天中止を挟んでいるものの、この日が6連投目です。それでも秋吉、オンドルセクともに9月はまだ無失点。七回からの6イニングを6投手が無失点に抑えたこの日の試合後、高津投手コーチは『彼らの絶対に負けられないという気持ちが大きかった』と称えていましたが、内心では“頼むから最後までもってくれ”と祈るような気持ちだと思いますよ」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る