• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30試合以上登板が8人 ヤクルト「リリーフ陣」こそ“陰のMVP”

 最後まで持つのか。

 13日の中日戦。延長十二回の引き分けに持ち込み、単独首位に立ったヤクルトはこの日も7投手をつぎ込んだ。3番手のオンドルセクは、これがリーグ2位となる62試合目の登板。5番手の秋吉は、その上を行く65試合目のマウンドである。

 先発陣の完投数が12球団最少のたった3試合とあって、ブルペンは開幕からずっとフル回転。その結果、この日の2番手のロマンも55試合、4番手のバーネットも51試合に投げるなど、“酷使”が続いている。30試合以上に登板している投手はリーグ最多の8人。みな疲労困憊ではないか。

「7月の初めくらいまではベンチも、連投は2試合までに制限するなど、なんとかやりくりしていましたが、勝負どころの夏場に入ってからはそうも言っていられなくなった。ここ15試合で11試合に投げている秋吉などは、2試合の雨天中止を挟んでいるものの、この日が6連投目です。それでも秋吉、オンドルセクともに9月はまだ無失点。七回からの6イニングを6投手が無失点に抑えたこの日の試合後、高津投手コーチは『彼らの絶対に負けられないという気持ちが大きかった』と称えていましたが、内心では“頼むから最後までもってくれ”と祈るような気持ちだと思いますよ」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る