30試合以上登板が8人 ヤクルト「リリーフ陣」こそ“陰のMVP”

公開日: 更新日:

 最後まで持つのか。

 13日の中日戦。延長十二回の引き分けに持ち込み、単独首位に立ったヤクルトはこの日も7投手をつぎ込んだ。3番手のオンドルセクは、これがリーグ2位となる62試合目の登板。5番手の秋吉は、その上を行く65試合目のマウンドである。

 先発陣の完投数が12球団最少のたった3試合とあって、ブルペンは開幕からずっとフル回転。その結果、この日の2番手のロマンも55試合、4番手のバーネットも51試合に投げるなど、“酷使”が続いている。30試合以上に登板している投手はリーグ最多の8人。みな疲労困憊ではないか。

「7月の初めくらいまではベンチも、連投は2試合までに制限するなど、なんとかやりくりしていましたが、勝負どころの夏場に入ってからはそうも言っていられなくなった。ここ15試合で11試合に投げている秋吉などは、2試合の雨天中止を挟んでいるものの、この日が6連投目です。それでも秋吉、オンドルセクともに9月はまだ無失点。七回からの6イニングを6投手が無失点に抑えたこの日の試合後、高津投手コーチは『彼らの絶対に負けられないという気持ちが大きかった』と称えていましたが、内心では“頼むから最後までもってくれ”と祈るような気持ちだと思いますよ」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る