ヤクルト畠山和洋を全解剖 「Boo」はどこで覚醒したのか

公開日:  更新日:

■打撃論

 今季はリーグ2位の19本塁打、64打点はトップを走る。球宴直前に左内転筋を痛めて抹消されたが、10日間で復帰。真中監督が「大事な場面での集中力じゃチームで随一」と評する畠山は自身の打撃について、「本塁打を狙うというのはない」としながら、打撃についてこう語った。

「打撃の状態は毎年違うし、自分の感覚がずっと同じシーズンはこれまで一回もない。相手も違えば自分の体のバランスも違う。同じ打撃スタイルでは同じ結果が出ないと思っている。前の年と同じことを追い求めてハマったこともありますし。実際、去年は中堅、右翼方向に打つことで安定したバランスを保てたけど、今年はそれをやると体が開くというかめくれる感じがあった。今年、結果的に本塁打が増えているのは、コースにかかわらず、ある程度打球を引っ張り込んでいくことで自分のミートポイントがつかめた部分がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る