ヤクルト畠山和洋を全解剖 「Boo」はどこで覚醒したのか

公開日:  更新日:

■打撃論

 今季はリーグ2位の19本塁打、64打点はトップを走る。球宴直前に左内転筋を痛めて抹消されたが、10日間で復帰。真中監督が「大事な場面での集中力じゃチームで随一」と評する畠山は自身の打撃について、「本塁打を狙うというのはない」としながら、打撃についてこう語った。

「打撃の状態は毎年違うし、自分の感覚がずっと同じシーズンはこれまで一回もない。相手も違えば自分の体のバランスも違う。同じ打撃スタイルでは同じ結果が出ないと思っている。前の年と同じことを追い求めてハマったこともありますし。実際、去年は中堅、右翼方向に打つことで安定したバランスを保てたけど、今年はそれをやると体が開くというかめくれる感じがあった。今年、結果的に本塁打が増えているのは、コースにかかわらず、ある程度打球を引っ張り込んでいくことで自分のミートポイントがつかめた部分がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る