日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト畠山和洋を全解剖 「Boo」はどこで覚醒したのか

■打撃論

 今季はリーグ2位の19本塁打、64打点はトップを走る。球宴直前に左内転筋を痛めて抹消されたが、10日間で復帰。真中監督が「大事な場面での集中力じゃチームで随一」と評する畠山は自身の打撃について、「本塁打を狙うというのはない」としながら、打撃についてこう語った。

「打撃の状態は毎年違うし、自分の感覚がずっと同じシーズンはこれまで一回もない。相手も違えば自分の体のバランスも違う。同じ打撃スタイルでは同じ結果が出ないと思っている。前の年と同じことを追い求めてハマったこともありますし。実際、去年は中堅、右翼方向に打つことで安定したバランスを保てたけど、今年はそれをやると体が開くというかめくれる感じがあった。今年、結果的に本塁打が増えているのは、コースにかかわらず、ある程度打球を引っ張り込んでいくことで自分のミートポイントがつかめた部分がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事