• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実戦復帰バレだけじゃない ヤクルトが放つ「二の矢、三の矢」

「思ったより悪くなかったね。ボールも見えた。左足もOK」

 5月に左足の手術で離脱していたヤクルトのバレンティン(31)が、15日の二軍戦で実戦復帰。3番指名打者で出場し、無安打ながら2四球。体は若干、緩み気味で、マシン相手の打撃練習ではからっきしだったが、試合前の練習では打撃投手相手になったとたんに柵越えを連発。池山野手総合コーチも「足も故障前の春先に比べれば状態はいい。飛ばすことに関してはずばぬけている。(実戦に出たばかりで)体はできていないけど、ゲームをこなしていけば、絞れてくると思う」と話した。

 早ければ18日の巨人戦から一軍復帰する予定で、13年にシーズン最多本塁打記録を更新する60本を放った大砲の復帰は、優勝を争う巨人、阪神にとって脅威になる。

 バレだけじゃない。この日の試合では、リハビリ明けの先発2人が揃って登板した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る