• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

「早く所属先を決めるべき」 元代表主将が“浪人”川島に苦言

 正GKから一転、日本代表の戦力外になってしまうのか……。昨シーズン限りでリエージュ(ベルギー)を退団し、所属クラブなしのGK川島永嗣(32)のことだ。

 9月のW杯アジア2次予選2試合に川島は招集されず、浦和GK西川周作(29)が先発した。日本代表は10月8日にW杯予選シリア戦、13日に親善試合イラン戦を控えているが、川島の代表招集の可能性は非常に低い。

 川島は今、どのクラブにも帯同しないで自主トレで体を動かしているだけのようだ。こういう状況のGKを招集するのは体調面、試合勘の面でリスクが大き過ぎる。

 川島には「欧州5大リーグでプレーしたい」という思いが強いみたいだが、何よりも所属先を決めて試合をこなすことを優先すべきだろう。

 幸いにも欧州各国リーグの場合、所属なし選手は来年1月の「移籍市場解禁」を待たずにいつでも入団が可能だし、Jクラブへの復帰(ナビスコ杯の選手登録期限は10月2日)も、視野に入れた方がいいと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事