• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

J1最多得点に王手 広島FW佐藤寿人が語る「ゴールの極意」

 Jリーグを代表する実力派ストライカーが、前人未到の快挙に王手をかけている。01年(ジェフ千葉所属=現J2)にJ1初ゴールを決め、積み上げてきたJ1通算ゴール数は「156」。歴代1位の元日本代表FW中山雅史氏の157ゴールに並び、そして超えようとしているのだ。04年からの「連続2ケタ得点」も、今季11ゴールを決めて「12年連続」に伸ばした。もちろんJリーグ最長記録。しかし、日本代表としては、06年から12年までの間に31試合4得点。不遇をかこっている。ゴールを決める極意は? 決定力不足の日本代表に足りないものは? どうして代表レギュラーに定着できなかったのか? 今年6月にJリーグ史上初となるJ1・J2通算200得点を達成した。「最もJリーグでゴールを決めている男」の胸の内に迫った。

――いろいろなタイプのFWがいますが、ストライカーには何が求められると思いますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事