10.8シリア戦で黒星なら現実味 ハリル監督に「11月解任説」

公開日:  更新日:

 今月8日のロシアW杯アジア2次予選の対アフガニスタン(FIFAランク130位)戦で、ようやく「6-0」で快勝したサッカー日本代表(同58位)。

 3月に代表監督に就任したハリルホジッチ監督(63)は、「希望していたとおり大差で勝ってくれた」と満面の笑みを浮かべたが、世界ランク3桁の格下相手の大勝では喜べない。

 2次予選初戦のシンガポール(同157位)戦は、ホームで0-0の引き分け。続くカンボジア(同180位)戦も3-0の「辛勝」だった。海外組の本田、長友、香川らを招集してアジアの格下相手に3戦2勝1分けでは、スペインリーグの八百長疑惑で解任されたアギーレ前監督の手腕(10戦6勝2敗2分け)より劣るのは否めない。

 その結果、浮上するのが「ハリル11月解任説」である。

 日本代表は10月に敵地シリア戦(中立地のオマーン)とイラン戦(親善試合)、11月にも敵地で2連戦(対シンガポール、カンボジア)を控える。シンガポール、カンボジア戦の「大勝」は最低条件も、同組最大のライバルであるシリアに負ければ、日本の2次予選1位突破の可能性は低い。こうなればサッカー協会も世論も指揮官の更迭論が高まる。

 アフガニスタン戦では左のサイドアタッカーだった原口を試合途中に右SBに変更させるなどの不可解な起用法に、協会内部からも不満の声が上がる。年末にはアギーレと同じ道をたどっている可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る