「簡単に勝つ方法ある」 釜本氏がハリル“対アジア戦術”に持論

公開日: 更新日:

コラム【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

 34本ものシュートを打って3得点か……。

 ハリルホジッチ監督体制後、W杯アジア予選で初勝利なわけだし、ここは素直に「勝てて良かった」と言っておこう。

 指揮官は相変わらずだった。タテにスパッとパスを送ってシュートに持ち込むことを要求。たとえシュートが決まらなくても、拍手を送っていた。言う通りにプレーすれば、ある程度は満足ということなのだろう。しかし、今のままではアジアの戦いで苦労する。  アジアは国ごとのレベル差が大きく、日本が0―0で引き分けたシンガポール、そしてカンボジアなどは、日本に対して「ゴールを奪って勝つ」のではなく、あくまで「失点しなければ引き分けに持ち込める」というサッカーをやってくる。

 実際、シンガポールは日本相手に徹底的に守り倒し、そして勝ち点1を獲得した。当然、カンボジアもシンガポールをお手本にした。シンガポールのGKが日本戦でビッグセーブを連発していたが、カンボジアのGKも「次はオレの番だ」と気合が入っていた。そして、何度も決定機を阻止した。チームとしても、日本のホームでの0―3は「素晴らしいパフォーマンスだった」と胸を張って帰国していい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった