• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「簡単に勝つ方法ある」 釜本氏がハリル“対アジア戦術”に持論

投稿日:  更新日:

コラム【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

 34本ものシュートを打って3得点か……。

 ハリルホジッチ監督体制後、W杯アジア予選で初勝利なわけだし、ここは素直に「勝てて良かった」と言っておこう。

 指揮官は相変わらずだった。タテにスパッとパスを送ってシュートに持ち込むことを要求。たとえシュートが決まらなくても、拍手を送っていた。言う通りにプレーすれば、ある程度は満足ということなのだろう。しかし、今のままではアジアの戦いで苦労する。  アジアは国ごとのレベル差が大きく、日本が0―0で引き分けたシンガポール、そしてカンボジアなどは、日本に対して「ゴールを奪って勝つ」のではなく、あくまで「失点しなければ引き分けに持ち込める」というサッカーをやってくる。

 実際、シンガポールは日本相手に徹底的に守り倒し、そして勝ち点1を獲得した。当然、カンボジアもシンガポールをお手本にした。シンガポールのGKが日本戦でビッグセーブを連発していたが、カンボジアのGKも「次はオレの番だ」と気合が入っていた。そして、何度も決定機を阻止した。チームとしても、日本のホームでの0―3は「素晴らしいパフォーマンスだった」と胸を張って帰国していい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る